2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

[New] BlockSite - Firefox拡張機能

- 2006-08-14(Mon) - 

今回紹介する新着Firefox拡張機能はBlockSiteです。
これは設定で登録したURLが閲覧ページのリンク先に該当する場合は、そのリンクを無効にする(解除する)ことができます。

ツールメニューから「BlockSite」を選択すると設定が開きますので、「Add」ボタンを押してURLを記述します。また、「Enable BlockSite」のチェックボックスをOFFにすることで、一時的にこの機能を無効にすることもできます。

例えば、URLに「http://www.google.com/*」を追加した後にGoogleのトップページ(http://www.google.co.jp/)を開くと、ページ右下にある「Google.com in English」のリンクが無効となりプレーンなテキストで表示されます。また、ロケーションバーに直接「www.google.com」と記入してページを開こうとしても「Blocked Web Page」と表示され本来のページは表示されません。

リンクを無効にする場合、指定するリンク先URLは完全に一致している必要があります。例えばURLに「google.com」と指定してもリンク先が「http://www.google.com/」となっているリンクには適用されません。ただし、URLにはワイルドカード「*」が使用できますので、URLに「*google.com*」と指定することで前述へのリンクにも適用されます。

ブラクラなどを含む危険なサイトや個人的に表示させたくないサイトへのリンクを誤って踏まずに済みますので、うまく利用することでよりセキュアなブラウジングが可能になるかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント
- 問題点 -
どうやらIrvine context menuに影響が出るようです
2006/08/22 01:24  | URL | 通りすがり #- [ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/55-821379f1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。