2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

InoReaderがいいのかも!

- 2013-06-02(Sun) - 

Googleリーダーの終了まで1カ月を切りましたね…。そろそろ次のRSSリーダーを決めておく必要がありますが、個人的に現時点での乗り換え先の候補はFeedlyInoReaderかな。

Feedlyは軽くていいのですが、全文検索がなくなってしまったのが残念。それと、N/Pキーで記事を選択しただけで既読になってしまうのはちょっと困ります。未読のままにしておく設定はないのかな?

InoReaderは今のところかなり重い(サーバーからの応答が遅い)。未読記事のみ表示するようにしたとき、フォルダーをクリックして記事が一覧表示されるまでの時間が、GoogleリーダーやFeedlyでは0.5~1秒程度で済むところ、InoReaderではフォルダー内の未読記事が数件しかない場合で1~2秒ほど、数十件以上ある場合は3~5秒ほどかかってしまいます。これでは正直常用するのは難しそう。

でもダメなのは重いことくらいで、3月から試用したRSSリーダーのうち、現時点で最も理想的かも。右上の設定ボタン→Readingタブ→Languageから日本語化できるので、操作に困ることもないでしょうし、Googleアカウントでログインすれば、設定のインポート/エクスポートタブから1クリックでGoogleリーダーからインポートできます。スター付きアイテムもインポートしてくれますが、未登録の(Googleリーダーで購読解除していた)RSSのスター付きアイテムは表示してくれないようです。

キーボードショートカットはHキーで確認できます。フォルダー関連(GoogleリーダーでのShift+N/P/X/O)のキーボードショートカットがありませんが、要望したところShift+X(フォルダー開閉)は将来追加したいとのこと。個人的に、Shift+XはGoogleリーダーでほとんど使っていませんが、常用しているほうのShift+N/P/Oも追加してくれるのを期待したいです。

あとフィード情報(Googleリーダーの「フィードの設定」→「詳細と統計」と同等)が便利で、InoReaderがRSSを巡回した24時間分のログを確認でき、Googleリーダーでハッキリと分からなかった巡回間隔も表示されます。巡回間隔はGoogleリーダーと同様にRSSの更新数によって動的に決まるようですが、誰も購読していないRSSは巡回間隔が変わるまで10日ほどかかるようです。InoReaderでは未購読で更新記事数が大量なニュース系RSSを登録した時の巡回間隔は60分でしたが、10日後に確認したところ5分に変わっていました。

同じように統計表示(Googleリーダーの「トレンド」と同等)も便利。統計表示では購読しているRSSすべての最終更新日時や応答時間が確認でき、RSSを新しいタブで開くリンクも用意されています。最終更新日時などで並べ替えできるのでRSSの整理がしやすいです。

未表示記事(新着記事のようなもの)の一覧表示やタイトル/URLが同じ記事は隠せるなど、Googleリーダーにはない機能もあります。右下のボタンからInoReaderの更新履歴が確認できますが、毎日のように更新していて少しずつ完成度が上がっているのが分かるので応援したいですね。InoReaderが初めて巡回するRSSは最適な巡回間隔になるまで時間がかかるので、移行先を探している方は今のうちにGoogleリーダーからインポートだけでもしておくことをオススメします。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/312-21f0eea3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。