2006 04 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2006 05


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

Googleリーダーのスクロール位置を分かりやすくしたい!

- 2012-02-25(Sat) - 

以前からGoogleリーダーを使っていて「不便だなぁ」と思うところが1つあって、それは一覧表示のアイテムリストをPageUp/PageDownキーでスクロールしたとき、スクロール前にどこまで見ていたか分かりづらいことがあること。

Googleリーダーで全文を取得して見ているようなときやほかのWebサイトでは普通に1ページ分スクロールするので、スクロール直前にどこまで見ていたかは感覚的に分かるわけですが、Googleリーダーのアイテムリストの場合は下端近くまでスクロールしないとそれ以降のアイテムを読み込まないので、1ページ分スクロールしないことがよくあり、毎回スクロール量が異なるためどこまで見ていたか分かりづらいんですよね。

解決策はいくつかあって、例えば上記のスクロール量が安定しないのはGoogle Reader Prefetch Moreを使って先読み量を増やしたり、Google Reader - Colorful List Viewなどを使ってアイテムリストを色付けする方法などがあると思います。

わたしは「スクロールしたときの境目が目印かなにかで分かればいいのになぁ」と思っていたので、それを実現するGreasemonkey/Scriptish用スクリプトを書いてみました。興味がある方は試してみてください。

Google Reader Scroll Marker for Greasemonkey

GoogleリーダーでPageUp/PageDownキーでスクロールしたとき、スクロールした境目に目印として赤い線を表示します。Google Reader Key Customizeを使って別のキーでスクロールするように割り当てている場合、その割り当てたキーでも動作します。(Shift+)Spaceキーでのページスクロールでは目印は表示しません。

ページ右上のオプションアイコン→「Scroll Marker 設定」をクリックすると設定欄が開き、目印を表示する時間(ミリ秒)を設定できます。マイナスの数値だと時間経過では隠さずにずっと表示し続けます。この設定にかかわらず、何らかのキーを押すかどこかをクリックするとすぐに目印を隠します。

それと、標準では赤線が表示されますが、CSSでスタイルを変更できるので、「この赤線は嫌だなぁ」って方は"#grsm_scroll_marker"に対してカスタマイズしてみてください。例としてFirefox向けのをいくつか用意しましたのでよろしければ参考にしてみてください。

Google Reader Scroll Marker Restyle - Themes and Skins for Google - userstyles.org

あとこれはスクリプトがほぼ完成してからの話ですが、同等機能のスクリプトを見つけちゃいました。先にこれを見つけていれば自分でスクリプトは書かずに済んだだろうに…。ただ、そのスクリプトはマウスホイールのスクロールでも機能するなど使い勝手が少し違うので、わたしが作ったものもムダにはならないのかな。このスクロールマーカー機能ってOperaに実装されていたそうですね。昔、少しだけOperaを使っていたことはありますが、その頃はこの機能がなかったようで知りませんでした。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | Greasemonkey | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/305-29b2bbae
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。