2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

ステータスバーを省スペース化するStatus Bar: Compact & Dynamic

- 2010-02-21(Sun) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はStatus Bar: Compact & Dynamic
ウィンドウ下部に表示されているステータスバーを、2つに分けた独自のバーに置き換えます。

ウィンドウ左下には「完了」とか「○○の応答を待っています…」とかリンク先URLとかを表示し、ウィンドウ右下にはアイコンなどのステータスバー用アイテムを表示します。分かりやすくするため、ここでは、左下の部分を「ステータス」、右下の部分を「トレイ」と呼ぶことにします。

ステータスとトレイの間は空いているので、その1行分だけ閲覧ページの表示領域が広くなります。また、水平スクロールバーも同じ高さに表示されるので、横に広いページを開いたときでも表示領域をそれほど狭めずに済みます。なお、ステータスの表示幅は可変するため、長いURLなどの場合はウィンドウをはみ出すことも。

表示メニューからステータスバーをOFFにするとトレイは隠れますが、ステータスは隠れません。また、トレイは左側へ動かして好きな位置に表示させることもできます。ただし、トレイを左端に持っていくと、ステータスがジャマで動かせなくなってしまいます。この場合は、about:configで「extensions.statusbarpublicvlasov.tray.gap.right」をリセットしてからウィンドウを開き直すことで、トレイを初期位置に戻せます。

閲覧ページの隅を見やすくしたい

トレイの背景は半透明なのですが、ステータスは透過してなく、閲覧ページの左下と右下が隠れてしまうデメリットがあります。そこで、マウスカーソルを重ねたときのステータスの背景と、マウスカーソルを重ねていないときのトレイの背景を、より透過するスタイルを用意しました。興味がある方はuserChrome.cssもしくはStylish(XUL名前空間)で以下を指定してみてください。

#dynamic-statusbar-display:hover .transparent,
#dynamic-statusbar-tray-transparent {
opacity: 0.2 !important;
}

また、ステータス/トレイの背景ではなく、文字やアイコンも含めたステータス/トレイ自体を透明にしたい場合はこちらを。

#dynamic-statusbar-display:hover,
#dynamic-statusbar-tray {
opacity: 0.2 !important;
}
#dynamic-statusbar-tray:hover {
opacity: 1.0 !important;
}

ステータスバーを改変するようなアドオンとは一緒に利用できないかもしれませんが、ネットブックなど画面が比較的狭い環境で少しでも広く表示したいって方はチェックしてみてください。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント
-  -
上のスタイルですとステータスはマウスを重ねたときのみ透過されます
2011/01/19 01:48  | URL | #- [ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/248-4c77716f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。