2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

Firefox 3.6 Beta 1を試用してみる

- 2009-10-18(Sun) - 

Firefox 3.6 Beta 1が早ければ今週中にリリースされる予定です。そこで、その候補版を1日だけ使ってみましたので、Firefox 3.5との違いなど気づいた点をちょっとだけ。

新機能としては、Personas(軽量テーマ)が本体に統合されました。ギャラリーページから軽量テーマをインストールでき、追加した軽量テーマはアドオンマネージャに登録されます。デフォルトのテーマを使用している場合、再起動することなく軽量テーマを変更できますよ。個人的に、公開されている軽量テーマの多くは文字が見づらくなるだけなのですが、制作者さんはあまり気にならないのかなぁ。

それと、ツールバーを右クリックしてメニューバーを隠しておくと、AltキーもしくはF10キーを押したときだけメニューバーを表示できるようになりました。メニューバーにボタンなどを配置すると隠すことができないため、私が3.5でメニューバーに置いていたブックマークやボタンはブックマークツールバーへ置くことに。

また、閲覧ページ内のリンクを中クリックなどで開く場合、その新しいタブ(子タブ)は現在のタブ(親タブ)の右隣で開くようになりました。ブックマークを新しいタブで開いたり、外部のソフトからURLが渡されたときは今まで通り最後(タブバーの右端)に配置されます。

そのほか、細かい部分としては、AutoPagerizeでページを継ぎ足してページ全体が長くなっても、途中から真っ白にならずにちゃんと描画されるようになりました。3.5では解決方法が分からなく不便だったのでスッキリ。また、多くのブックマークが入っているブックマークフォルダを開いたとき、マウスホイールでスムーズスクロールするようになりました。

互換性チェックを無効にして3.5で使っていたアドオンを動かしてみましたが、大半は問題なく動作しているようです。個人的に必須なScrollbar Anywhere 0.11.0は残念ながら動作せず。あと、Betaの段階なので比較すべきではありませんが、私の環境では3.5と比べて本体の動作速度やメモリ消費量の違いは特にありません。ただ、ツールバーに配置したブックマークフォルダをクリックしたときの挙動は早くなってる気がします。

それと、ヘルプメニューに「トラブルシューティング情報」が追加され、プロファイルフォルダのパスや、インストールしている拡張機能の一覧、それに変更した本体設定の一覧を掲載したページが用意されています。これらの情報をクリップボードへコピーできるボタンもあります。

このページ上部にはF1キーを押したときに表示されるヘルプページへのリンクがあります。このページではなくヘルプページのほうがいいのかもしれませんが、困ったときに参照するページへのリンクも分かりやすく用意した方がいいような。ブログを眺めていると、毎週のように「Firefoxが毎日フリーズするので別のに乗り換えました」なんて記事を見かけますが、そんなユーザーにも分かりやすいように基本的なトラブルシューティングFirefox がハングアップするとかのリンクを用意してくれると分かりやすいんじゃないかな。

追記:2009-10-26

1週間ほど使い続けてみましたが、3.5へ戻すことに。

非互換なアドオンを多く使用していたせいか、3.5の環境と比べてメモリ使用量が多い(増えるペースが早い)のと、Google Reader Full Feedがうまく動作しなかったので。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | Firefox | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/229-2daa0122
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。