2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

ページ内の指定領域を更新チェックするAlertBox

- 2009-08-24(Mon) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はAlertBox
ページ内の指定した領域を登録しておき、その部分が更新されていないか一定間隔で自動的にチェックします。

ツールメニューの「Alert Config Panel」もしくはステータスバーのアイコンをクリックすると、ウインドウ下部にパネル(Alert Box)が表示されます。閲覧ページ上でマウスカーソルを動かすと枠が表示されるので、チェックしたい部分をクリックして選択し、「Add Alert (and Close)」ボタンを押してアラートを追加します。

追加したアラートごとに一定間隔(2分?1日ごと)で自動的にチェックし、指定しておいた部分の内容が更新されていれば通知音で知らせてくれます。ステータスバーのアイコンの右隣に表示されている「更新件数 - 登録件数」をクリックすると新しいタブでアラートを一覧表示し、更新された内容の一部を確認できます。この一覧ページからアラートを手動更新したり、未読/既読を切り替えたりできます。

ページを更新チェックする拡張機能は、ほかにCheck4ChangeUpdate Scannerなどがあります。Check4Changeはタブを閉じれば更新チェックも終了するので閲覧ページを今だけチェックしたいときに、Update Scannerは特定部分ではなくページ内のどこかが更新されていないかチェックしたいときに使うと便利かと。

AlertBoxのアラート一覧はGmailっぽいデザインで好みなのですが、パネルを表示しているときの動作が不安定だったりします。現在のバージョン(0.0.1a.20090811)では閲覧ページを下の方にスクロールしていると枠がずれて表示されてしまうため、これを修正してほしいところ。更新チェック自体は問題なく動作しているので、特定領域だけ更新チェックしたい場合はお試しあれ。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/221-716f4343
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。