2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

Firefox 3.5 へ更新する前に

- 2009-06-21(Sun) - 

Firefox3.5のリリース候補版が公開され、今月末にFirefox 3.5の正式版が公開される予定です。

「Firefoxを利用し始めたのはFirefox 3から」って方も多いかと思いますが、アップグレード(メジャーアップデート)は初めての機会になりますよね。そんな方のために、アップグレード前に知っておきたいこと・やっておきたいことをメモっておきます。

プロファイルをバックアップしよう

すべての方にオススメしたいのが、プロファイルのバックアップ。ブックマーク/Cookie/パスワードなどの個人情報や、本体設定・インストールしたアドオンなどがプロファイルフォルダに保存されており、このフォルダをまるごとバックアップしておくことで以前の状態に戻すことができます。(ちなみに、Firefox本体はインストールしたときのフォルダ、ページキャッシュはキャッシュフォルダに保存されています。)

プロファイルフォルダの場所は設定情報のバックアップに載っていますので、そちらを参照してください。手動でプロファイルを作ったことがない場合、プロファイルフォルダ名は「(英数字8文字).default」なので(というかそれ1つしかないはず)、このフォルダをバックアップしておけば安心です。なお、バックアップするときはFirefoxを完全に終了した状態で。

「バックアップなんて面倒だし、やらなくてもいいよね?」って方は、バックアップする作業と、ゼロの状態から今使っているFirefoxの状態へ復元するのと、どちらがタイヘンかどうかで判断しましょう。

アドオンがFirefox 3.5に対応しているか確認

アドオン(拡張機能やテーマなど)は動作を保証するために、どのバージョンからどのバージョンまでのFirefoxに対応しているかがそれぞれ決まっています。その範囲にFirefox 3.5が含まれていない場合、Firefox 3.5をインストールした後にそのアドオンは利用できなくなってしまいます。

どのFirefoxに対応しているかはFirefox Add-onsの各アドオンページにある「対応バージョン」欄に載っていますので、そちらをチェックしましょう。例えば「3.0 - 3.5.*」や「2.0 - 3.6a1pre」であればFirefox 3.5に対応してますが、「3.0 - 3.0.*」や「2.0 - 3.5b4」では未対応になります。そのほか、以前のエントリーのようにMR Tech Toolkitで調べる方法もありますので、多くのアドオンをインストールしている方は参考に。

Firefox 3.5をインストールした後、いつも利用しているアドオンが動かないのでは困りますので、それらのアドオンが対応するまでFirefox 3.5へはアップグレードせずに様子見したほうがいいかもしれません。利用しているアドオンがFirefox 3.5へ対応するために更新するとは限らないので、ググったりWikiで検索してFirefox 3.5に対応した同じ機能のアドオンがあれば、そちらへ乗り換えるのもいいかも。

「このアドオンは未対応だけど、不具合があったりエラーでまくりでも構わないから利用したい!」って方は、Wikiの互換性についてを参照してください。

Firefox 3を併用するかどうか

Firefox 3.5と今まで利用してきたFirefox 3の両方を使っていくのか、それとも今までのFirefox 3は今後使わずにFirefox 3.5だけ使っていくのかを決めておきましょう。

おそらく大半の方は上書きインストールしてFirefox 3.5だけを使用するケースだと思いますが、その場合はインストールの際に特に何かをする必要はありません。Firefox 3.5をインストールして、今まで通り利用できるはずです。何らかの理由でどうしてもFirefox 3へ戻したいって場合は、Firefox 3をインストールするのと同時に、Firefox 3.5のインストール前にバックアップしておいたプロファイルフォルダの復元を推奨します。Firefox 3のダウンロード先は以前のバージョンの Firefox をインストールするにはを参照してください。

そうではなく、Firefox 3とFirefox 3.5のどちらも使用したいって場合はプロファイルをもう1つ作成して、Firefox 3とFirefox 3.5で別々のプロファイルを用いる必要があります。また、メインではないFirefoxを起動するときは、別途用意したショートカットを用いる必要があります。具体的な方法はWikiのよくある質問を参照してください。インストールする本体フォルダを分けておくだけでは(異なるバージョンでプロファイルを共用するのは)不具合を引き起こす可能性が高いので注意。


Firefox 3がリリースされたとき、アドオンが対応してなくてFirefox 2へ戻すケースや、バックアップを用いずにFirefox 2へ戻して何らかの不具合を訴えていたケースをよく見かけました。うまく動かなくなってアンインストールし、ブックマークなどすべてのデータを誤って消してしまった方もいたようなので、そのようなことがないようにしたいですね。

追記:2009-06-22

「多くの方に利用されているアドオンがどのバージョンまで対応しているか」を以下のページで確認できます。バージョンNo.が緑色だと「Firefox 3.5に対応」ということになります。

アドオン互換性センター :: Firefox Add-ons

執筆時点で760ほどのアドオンが掲載されているので、利用しているアドオン名でページ内検索してチェックしてみては。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | Firefox | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/210-fce378c0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。