2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

TidyRead

- 2009-06-07(Sun) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はTidyRead
閲覧ページの記事(本文)を読みやすいカタチで表示します。

ブログとかニュースなどのWebページを開くとページ右下にアイコンが表示され、そのアイコンをクリックするかCtrl+Shift+Aキー(設定でA以外に変更可)を押すと、TidyRead側で用意したスタイルを適用した記事がオーバーレイ(ページ上へ重ねて覆いかぶさるように)表示されます。上部に表示されているアイコンをクリックすると、文字色/背景色/文字サイズ/表示幅などを切り替えられるので、自分が読みやすいスタイルを選べます。「my」アイコンから色を自由に指定することも。

設定ではHTTPSや検索結果などのページでは動作しないようにできるほか、可能であれば自動的にTidyReadを表示するスマートモードを設定できます。このスマートモードはCNN.comなど一部のサイトでのみ動作するようです。可能であればページの読み込みが完了する前に表示するクイックモードというのもありますが、こちらは挙動の違いを確認できませんでした。

また、設定の「Allow List」欄にURLを登録しておいて、そのURLに前方一致で該当するページを開いたとき、自動的にTidyReadで記事を表示します。「Disallow List」欄にURLを登録しておくと自動的に表示しないようにしますが、Allow Listに登録したほうが優先されます。

いくつかのブログなどで試してみましたが、ページ内にある最初の記事がうまく表示されることもあれば、記事すべてが表示されたり、記事といっしょに隣のカラムのメニューなども表示されたり、まったく動作しないページもあるなど、本文記事を認識するのはなかなか難しいようです。ローカルで作成したページでいろいろ試してみたところ、本文の文字量が少ない記事では認識してくれないこともありました。

例えば黒い背景に青い文字で表示していたり、デザイン上必要でもないのに小さい文字サイズを絶対指定していたりするようなアクセシビリティが高くないサイト、特にブログではよく見かけます。そういったサイトを見やすくするのにStylishはとても便利なのですが、CSSを書くちょっとした手間がかかりますよね。まだまだうまく動作しないサイトも多いのですが、そんなちょっとした手間が省けるTidyReadはけっこう便利なのかも。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/208-75131937
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。