2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

使用しているuserChrome.js用スクリプト

- 2008-01-06(Sun) - 

2007年にインストールした拡張機能のうち、私が最もよく利用した/便利だったものを1つ挙げるとしたら、それはuserChrome.jsです。

最初は拡張機能の数を減らせるだけだと思っていて試してもいなかったのですが、拡張機能と同等の機能をより軽快に動作させることができたり、Greasemonkey用スクリプトがそのまま利用できるということを知って使うようになりました。

現在、Firefox3 Beta2で使用しているuserChrome.js用スクリプトは以下の通り。alice0775氏のサブスクリプトローダーを使用しています。

Mouse Gesturesは拡張機能のAll-in-One Gesturesなどよりもキビキビ動くので愛用してます。UndoListInTabmenuTooはTab Mix Plusで使用していた「最近閉じたタブ」ボタンの代わりに利用しています。

popupTranslateは英文などをポップアップ翻訳することができ、英語が苦手な私にとってとても重宝しています。ちなみに、Yahoo!とlivedoorの翻訳を追加し、普段はYahoo!英日翻訳を利用しています。

Undo Search Engineは2chのfirefox userChrome.js greasemonkeyスクリプトスレで公開されていたものを、Firefox3対応&検索後に記入した文字列を削除するように編集したものです。デフォルト以外の検索エンジンを選択するとデフォルトの検索エンジンへ戻す操作をする必要があるためあまり使わなかったのですが、このスクリプトを用いることで検索後にデフォルトの検索エンジンに戻るため、デフォルト以外の検索エンジンも気分的に利用しやすくなります。

また、userContent.jsで使用しているスクリプトは以下の通り。

次ページの本文をつなげて表示してくれるAutoPagerizeはものすごく便利ですね。以前は拡張機能のrepaginationを利用していましたが、AutoPagerizeでは特に操作する必要はありませんしWebサーバーへの負荷も大きくならずに済みます。

userChrome.js用スクリプトと同等機能の拡張機能も多く存在しますし、スクリプトのインストールや設定が比較的難しいため万人にuserChrome.jsをお薦めすることはできませんが、JavaScriptを多少かじったことがある人にとってはちょっとした改造ができたりいろいろと面白いですね。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/116-46baf17a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。