2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

[New] Adblock Plus: Element Hiding Helper - Firefox拡張機能

- 2007-01-27(Sat) - 

今回紹介する新着Firefox拡張機能Adblock Plus: Element Hiding Helperです。
これは閲覧ページ上の任意の要素を簡単に非表示することができます。あらかじめAdblock Plusをインストールしておく必要があります。


ツールバーに表示したAdblock Plusボタンのドロップダウンマーカー(ボタンの右隣にある▼ボタン)をクリックし「隠す要素を選択」をクリックするかCtrl+Shift+Hキーを押すことでマウスカーソル上の要素に赤い枠が表示されるようになり、クリックするかSキーを押すことで「要素を隠すフィルタ作成」ウインドウが表示されます。

このウインドウの右上にある「プレビュー」をチェックすることでページの表示がどうなるか実際に確認できるため、誤ってほかの要素も非表示にしていないかなど作成するフィルタが正しいかどうかチェックできます。また、属性を選択することで指定した要素だけを隠すか同じような要素もまとめて隠すかを簡単に設定できるほか、「詳細表示」のボタンをクリックすることで属性を詳細に指定したり複数の属性を組み合わせることも可能です。「プレビュー」でチェックしたときに周りの要素もまとめて非表示してしまう場合は複数の属性を組み合わせることで指定した要素だけを隠すことができます。

また、隠す要素を選択している間は左上にヘルプが表示され、Bキーを押すことで隠す要素だけを点滅させたりW/Nキーで範囲を拡大/縮小させることができるため、隠したい要素を正確に登録することができます。そのほか、V/Uキーでその要素のみのソースを見ることも可能です。

Adblock Plus単体では画像やインラインフレーム内などを右クリックしてコンテキストメニューから簡単にブロックすることができますが、例えば3段組レイアウトなページの右側すべてとかサイト上の全ページ下部に記載されている定型文のように、「いつも読まない部分だから隠したい」とか「ページを軽くしたいから必要がない部分は非表示にしたい」という場合にとても役立ちます。同様のことはuserContent.cssやStylishを用いることでも可能ですが、Web Developerなどを用いて隠したい要素のパスを調べてから自分で記述しなくてはいけないため面倒ですし、CSSなどについて詳しくない方にとっては難しい部分もあるかと思います。

「広告をブロックする」という行為は長期的に見ると閲覧者にとっても不利益になってしまうのであまりお薦めすることはできませんが、サイトによっては広告以外でも重くなるだけでジャマだと感じるコンテンツも多くなってきました。「読みたい本文がページレイアウトの2・3割程度だけ占めていてほかは別記事のリンクだらけでうざったい!」なんて場合は本文以外を隠してしまうことでスッキリします。いつも閲覧するサイトで隠したい部分がいくつもあるという方にはオススメです。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント
-  -
「「広告をブロックする」という行為は長期的に見ると閲覧者にとっても不利益になってしまうのであまりお薦めすることはできませんが」の部分はどういう意味ですか?
詳しく教えてください。
2009/10/07 08:46  | URL | mil #- [ 編集] |  ▲ top

- 広告について -
このブログサービスのように、無料で利用できるウェブサービスって多いですよね。それらの多くはウェブ広告を収入源の1つにしています。ウェブ広告の仕組みはググってもらうとして、誰にも広告を見てもらわなければ運営が成り立たずに終了してしまうウェブサービスがあるかもしれません。

そういったことを前提に「そのサイトに掲載される広告にはぜんぜん興味はないしクリックすることもないよ」ってことであればブロックしても構わないでしょうが、「ただ単に広告がジャマだから」って理由だけでみんながブロックしていては、結果的にウェブサービスが有料化しちゃったりしてしまうかもしれません。私はこのように考えているので、万人に広告のブロックをオススメすることはできないということです。

もちろん、誰だって広告だらけのページなんて見たくないですし、いわゆる広告Cookieを用いて閲覧者が興味を持つような広告を提示するように、ウェブサービス側が努力し続ける必要はあるでしょうけどね。
2009/10/07 19:29  | URL | Wiki管理人 #r1C70W1Q [ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/103-d5101487
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。