2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

日本語の各文字コードに対応したlocationbar2

- 2007-01-12(Fri) - 

Firefox拡張機能Locationbar²以前の記事でも取り上げたようにURLのデコードがUnicode(UTF-8)にしか対応していないため、ウィキペディアなど文字コードがUnicodeのサイトでは正しくデコードされてロケーションバーには日本語も含むURLで表示されるのですが、文字コードがEUC-JPやShift_JISなどのサイトや日本語を含むローカルパスなどの場合はURLが文字化けしてしまい、逆に使い物にならなくなってしまいます。

そんなLocationbar²を忘れかけていた先日、ふと今日は・・・・・・ Custom Buttons の自作ボタン配布にてlocationbar2というCustom Buttons用ボタンが公開されていました。「もしや!?」と思い早速インストールしてみましたが、残念ながらLocationbar²同様URLデコードはUnicodeのみの対応でした。

Custom ButtonsはuserChrome.jsと同じくFirefoxにJavaScriptなユーザースクリプトを追加できる拡張機能なので、自分でいじれば何とかなるかなと思いEUC-JPやShift_JISなどの文字コードでも文字化けせずに日本語URLが表示できるlocationbar2ボタンを用意してみました。…といっても、前述のlocationbar2にデコード関数ライブラリのEscape Codec Library: ecl.jsを組み合わせて1行いじっただけだったり。あまり試していないため不具合はあるかもしれません。

本来は1クリックでボタンをインストールできるのですがうまくいかないため、Custom Buttonsを含めたインストール方法を以下に紹介します。

  1. ふと今日は・・・・・・ Custom Buttons 日本語化から開発版のCustom Buttons 0.0.2alpha 日本語版をインストールしてFirefoxを再起動。
  2. こちらのスクリプトファイル「locationbar2_jp.js」を新しいタブで開くかダウンロードします。ダウンロードした場合はテキストエディタなどで開いておきます。
  3. 次のリンク「locationbar2(日本語の各文字コード対応版)」をクリックしてボタンをインストール。
  4. 「ツールバーのカスタマイズ」を開き、(3.)で追加したボタンをツールバーにドラッグ&ドロップで配置します。
  5. (4.)で配置したボタンを右クリックして「ボタンの編集...」を選択し、「初期設定コード」欄に(2.)のスクリプトをすべて張り付けてください。「コード」欄は空白で構いません。
  6. ふと今日は・・・・・・ Custom Buttons の自作ボタン配布に記載されているとおり、about:configから文字列「browser.urlbar.hideProtocols」を作成します。ロケーションバーから「http://」や「https://」などを隠したい場合は「http https」のように記入します。
  7. Firefoxを再起動すると使用できるようになります。

このボタンはツールバーに配置しておく必要がありますがクリックする必要はないため、「ツールバーのカスタマイズ」から「ツールバーを追加」ボタンをクリックして作成したツールバーに配置し、そのツールバーを非表示にしておくと邪魔になりません。「Locationbar²を試してみたけどURLが文字化けするんでアンインストールしちゃったよ」という方は試してみてください。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | Firefox | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
<< | メイン | >>
 
コメント
- おおw -
デコード関数ライブラリなんて便利なものがあったんですね。
デコードの問題をどうにかしようと思ってたところなんでちょうどよかったです。
ありがたくいただきました(*´∇`*)
2007/01/13 05:15  | URL | SION #aJiwwryw [ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
 
トラックバック
トラックバックURL
→http://fxwiki.blog63.fc2.com/tb.php/100-0f9089ad
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。