2010 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 11


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

Google Reader Full Feed Mod 0.97

- 2010-10-30(Sat) - 

Google Reader Full Feed Modを更新しました。

前回のバージョンではほかのスクリプトに合わせてJsHtmlSanitizerを取り入れたのですが、正直重くて使えるレベルではないので取りやめました。

scriptタグの削除などは今まで通り行っていますが、Google Reader Full Feed Modは危険かもしれないページを安全に読めるようにするスクリプトではありません。どのようなHTMLタグでも自由に書き込めるコメント欄/wikiのような第3者が制限なく自由に書き込められるサイトや、XSSなどの脆弱(ぜいじゃく)性を放置しているサイトなど、そういったサイトは新しいタブで開いた時点で危険なわけですが、万が一そのようなサイトをGoogleリーダーで購読している場合は全文表示しないでくださいね。

スポンサーサイト
この記事のURL | Greasemonkey | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

セッション復元時にタブを読み込むか設定できるRestore Control

- 2010-10-24(Sun) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はRestore Control
Firefoxを起動したときや閉じたウィンドウを開き直したとき、開いていたタブはページを読み込まないようにできます。

ページを読み込まないでおくアンロードタブはファビコンとタイトルが薄く表示され、初期設定ではタブ幅が狭くなるので通常のタブと見分けやすくなります。また、通常のタブを閉じたときアンロードタブへ切り替わらないようになっています。例えば、通常タブが1つだけのときにそのタブを閉じた場合は隣りのアンロードタブへは切り替わらずに空白タブが表示され、通常タブの隣りにアンロードタブしかない場合は離れたところにある通常タブへ切り替わるようになっています。

そのほか、設定の項目とタブのコンテキストメニューから実行できる内容を以下に書き並べてみました。これでどのようなことができるのかだいたい分かるかと思います。

セッション復元設定

  • 開いていたタブ数が指定数以上のとき、タブの読み込みを制限する
  • タブの読み込みを、Firefox起動時のみ制限/最近閉じたウィンドウを開き直したときも制限
  • 復元するとき、最後に選択していたタブを読み込む/読み込まない

アンロードタブ設定

  • アンロードタブを選択したとき、ページの内容を読み込む/読み込まない
  • ウィンドウを復元したとき、すべてのアンロードタブを表示/非表示
  • アンロードタブタイトルの先頭に任意の文字(初期設定:* )を表示
  • アンロードタブのタブ幅を狭める/狭めない
  • タブにマウスカーソルを合わせたとき、
    • 何もしない
    • ステータスバーにそのタブのURLを表示
    • タイトルバーにそのタブのページタイトルを表示
    • 上記2つの両方を表示

タブ読み込み設定

  • ウィンドウを復元したとき、アンロードタブを自動的に読み込む/読み込まない
  • 自動的に読み込む設定の場合、ウィンドウを復元したとき、指定した時間(初期設定:60秒)が経過したらアンロードタブを順に読み込む
  • 自動的に読み込む設定の場合、Firefoxを起動したあとに何らかの操作を行ったとき、自動的に読み込む処理を中止する/しない
  • 自動的に読み込む設定の場合、同時に読み込むタブ数を指定

タブのコンテキストメニュー

  • そのタブ/同じドメインのタブすべて/左側のタブすべて/右側のタブすべてをアンロードする
  • Firefoxを再起動する
  • アンロードタブをすべて表示/非表示
  • 多くのタブを開いているとき、選択しているタブが見えるところまでタブバーをスクロールする

復元時にタブを読み込まないでおくBarTabと、同時に読み込むタブ数を制限するLoad Tabs Progressivelyの2つの拡張機能を1つにしたような感じ。リンク先をアンロードタブとして開くことはできませんし、復元するとき以外で同時に読み込むタブ数を制限することもできないので、上記2つの拡張機能の全機能が含まれているわけではありませんが。

BarTabと同じように、タブを大量に開いている状態でFirefoxを再起動しても重くならないようにできますし、タブを切り替えなくてもページタイトルやURLをチェックできるなど、大量のタブを開きっぱなしな環境でより便利になっています。タブ復元の挙動をいろいろとカスタマイズできるので、BarTabを使っている方でも気になる機能があれば試してみるといいかも。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Google Reader Full Feed Mod 0.96

- 2010-10-22(Fri) - 

AutoPagerizeなどでセキュリティアップデートがありましたので、Google Reader Full Feed Modも取り急ぎ更新しておきました。

最低限の動作テストしかできていませんが、うまく動かなかったりする場合はコメントいただけると助かります。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(9) | トラックバック(0) | ▲ top

Firefox 4でロケーションバーの文字色

- 2010-10-11(Mon) - 

個人的に、現在のFirefox 4 Beta版で「これってどうなのかなぁ?」と思うところがあるのですが、それはロケーションバー内の右側に表示されるリンク先URLなどが薄い色(灰色)で表示されてとても見づらいこと。

マウスカーソルをリンクに重ねたとき、ロケーションバー内には閲覧ページURL(もしくは記入したテキスト)とリンク先URLの2つが表示されるわけですが、このときユーザーが注目するのはどちらのほうでしょうか? それは、右側のリンク先URLのほうではありませんか?

「このときだけ色を逆に(閲覧ページURLを薄くしてリンク先URLを濃く)すればいいのになぁ」と思い、それを可能にするスタイルを書いてみました。興味がある方はuserChrome.cssなどに指定してみてください。

.urlbar-over-link-host-label, .urlbar-over-link-path-label {
  color: black;  /*リンク先URLの文字色を黒く*/
}
.urlbar-over-link-host-label {
  font-weight: bold;  /*リンク先URLのホスト名を太字に*/
}
.urlbar-origin-label {
  opacity: 0.5;  /*閲覧ページURLを薄く*/
}

ホスト名を太字にするとその分だけ幅をとるので、それがイヤな場合はコメントアウトしてね。

StylishとかuserChrome.cssが分かる方はこうやってカスタマイズできますが、そうでない方がFirefox 4を使い始めたときに不便だと思わないか心配してしまいます。Firefox 4正式版までには見やすくなったりFirefox 3.6までと同じようにできるといいなぁ。ちなみに、前回のエントリーで紹介したStatus-4-Evarを用いると、ロケーションバー内に表示したステータステキストにもこのスタイルが適用されるので便利になりそう。

この記事のURL | Firefox | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

ステータスバーのアイテムをFirefox 4で表示できるStatus-4-Evar

- 2010-10-09(Sat) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はStatus-4-Evar
Firefox 3.6までステータスバーに表示されていた「完了」「○○の応答を待っています…」といったテキストなどを、Firefox 4のツールバーに表示できます。

2010年10月上旬現在、Status-4-EvarはFirefox 4のBeta版にのみ対応しています。

Firefox 3.6までステータスバーに表示されていたのと同じような以下のアイテムが追加され、「ツールバーのカスタマイズ」からツールバーなどに追加できます。

  • ステータステキスト:「完了」「○○の応答を待っています…」やリンク先URLなどを表示するテキスト
  • プログレスメーター:閲覧ページの読み込み状況を表示するメーター
  • ダウンロードステータス:ダウンロードの件数や残り時間を表示するボタン

現在のFirefox 4 Beta版ではステータスバーが削除(その代わりにアドオンバーが追加)され、リンク先URL/ブックマークURLはロケーションバー内の右側に、現在のタブのプログレスメーターはロケーションバー内に、ほかのタブのプログレスメーターはそれらのタブ内に表示されるようになっていますが、ステータステキストやダウンロードステータスは表示されません。そこで、Status-4-Evarを用いることでそれらが確認できるようになります。

また、マウスカーソルをリンクに重ねたときのリンク先URLと同じように、ステータステキストをロケーションバー内の右側に表示させることもでき、その表示を指定した時間が経過したら隠すこともできます。リンク先URLはFirefox 3.6までのように(ステータスバーの代わりの)アドオンバーに表示することもできます。ほかには、ステータステキストの最大幅を設定したり、閲覧ページのプログレスメーターをロケーションバーではなく現在のタブ内に表示するよう設定することもできますよ。

今後はどうなるか分かりませんが、Firefox 4正式版ではStatus-4-Evarのようにダウンロードステータスがツールバー用アイテムになるといいなぁ。もしそうでなかったら、わたしはStatus-4-Evarのお世話になるかも。Status-4-Evarは頻繁に更新されているようなので、今後も注目していきたいと思います。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
 
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。