2010 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 04


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

一度に読み込むタブ数を制限するLoad Tabs Progressively

- 2010-03-15(Mon) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はLoad Tabs Progressively
複数のタブを同時に開いたとき、一度に(並列に)読み込むタブの数を制限します。

ブックマークフォルダを中クリックしたときなど複数のタブを同時に開くと、まずは最初のタブを読み込んで、そのタブが読み込み終わると待機していた次のタブを読み込む…、このように、タブの読み込みを順番に行っていきます。

一度に読み込むタブを制限

設定の「Maximum number of concurrent loading tabs」では”一度に読み込むタブの最大数”を指定でき、「0」を指定すると制限せずに、今まで通りすべてのタブを一斉に読み込みます。

例えば、標準設定の「3」のとき、左から順にABCDEとタブを5つ開いたときは以下のような挙動になります。

  1. タブABCを同時に読み込み開始する。
  2. ABCのいずれかのタブが読み込み完了すると、タブDを読み込み開始する。
  3. 同様にいずれかのタブが読み込み完了すると、タブEを読み込み開始する。

未読タブが多ければ次のタブは読み込まない

設定の「Maximum number of unread loaded tabs」では”次のタブを読み込むまでの未読タブの最大数”を指定でき、標準の「-1」では未読のタブ数に関係なく次のタブを読み込みます。

例えば、この設定を「2」に変更して、前述の設定は「3」のまま、未読のタブがない状態でABCDEとタブを5つ開いたときは以下のような挙動になります。

  1. タブABCを同時に読み込み開始する。
  2. タブABCが読み込み完了する。このときの未読タブはABCの3つと設定数以上なので、タブDEは読み込み開始しない。
  3. タブAに切り替える。このときの未読タブはBCの2つ。
  4. タブBに切り替える。このときの未読タブ数が設定を下回ったので、タブDを読み込み開始する。
  5. 同様にCかDのタブに切り替えると、タブEを読み込み開始する。

ただし、この未読タブの挙動は不完全な部分もあるようで、例えば(3.)のときにAページ内のリンクを新しいタブFで開いておき、その後BCDのタブに切り替えて未読タブ数が2を下回っても、タブFは読み込み開始しなかったりします。また、Firefox 3.6以降ではabout:configから「browser.tabs.insertRelatedAfterCurrent」をfalseにして、新しいタブを最後(タブバーの右端)へ開くようにしないと使いづらいかもしれませんね。


昔、タブブラウザを使い始めたころの話なのですが、多くのタブを一斉に開いても読み込みがなかなか終わらなくて何分か待たなくちゃいけなかった、そんな記憶があります。Load Tabs Progressively 0.5では思い通りにいかないこともありますが、そのころに「タブを閉じて右隣のタブに切り替わったとき、さらに右隣のタブを読み込み始める」ような機能があれば、読み込み終わるまで待つ必要はなかったのかなぁ。

ブックマークフォルダを開いたり、FireGesturesなどで範囲選択内のリンクをすべて開いたときなどで、読み込み時間やブラウザの動作が気になる方には有用だと思います。特に下りの回線速度が遅い環境では便利かも。個人的にこの拡張機能には注目していきたいです。

スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

フォームにファイルをドラッグ&ドロップできるEZ Drag-n-Drop

- 2010-03-06(Sat) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はEZ Drag-n-Drop
フォームのファイル送信欄へファイルをドラッグ&ドロップできるようにします。

通常、フォームのファイル送信欄(記入欄もしくは参照ボタン)をクリックするとファイル選択ダイアログが表示され、そこで選択したファイルのパスが送信欄に記入されます。EZ Drag-n-Dropを用いると、別のウィンドウからファイルを送信欄へドラッグ&ドロップするだけで記入でき、ファイルを選択する手間が省けます。この機能はツールメニューから有効/無効を切り替えられます。

同じような機能を持つ拡張機能といえばdragdropuploadがあるのですが、Ver 1.6.xくらいから、一度ドラッグ&ドロップした(パスを記入した)送信欄へ再びドラッグ&ドロップしても、パスが上書きできない仕様になってしまいました。EZ Drag-n-Dropでは上書きできますよ。

3年前のエントリーでも紹介したように、SubmitToTabと併用してパスも上書きできれば、複数のファイルを送信するのが便利になるんですけどね。なお、現時点で最新版のdragdropupload 1.9.36がFirefox 3.6ではうまく動作しないようです。

とてもシンプルな拡張機能ですが、dragdropuploadを使ったことがない方や、Firefox 3.6でもドラッグ&ドロップでアップロードしたい方は試してみてください。個人的にオススメ。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
 
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。