2009 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 02


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

タブをたくさん開いていても起動が重くならないBarTab

- 2010-01-31(Sun) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はBarTab
Firefoxを起動したときにほかのタブは読み込まないでおくことで、使えるようになるまでの待ち時間を短縮できます。

起動時に複数のホームページを表示する設定、もしくは前回終了時のタブを表示する設定のとき、Firefoxを起動すると通常ではすべてのタブ(で開くページ)を読み込みますが、BarTabを用いると現在のタブだけ読み込んで、ほかのタブは読み込まないでおくようになります。それらのタブは半透明で表示されており、そのタブに切り替えると半透明は解除され、そこで初めてページを読み込みます。

起動時のほか、新しいタブをバックグラウンドで開くときも同様の挙動に設定できます。ブックマークフォルダを開くときなど、すべてのタブが読み込み完了するまで待ちたくないとか、タブは1つずつ読み込みたいってときに設定するといいのかも。以前訪れたことがあるページの場合はタブ内にページタイトル名がいつものように表示されますが、未訪問ページの場合はURLが表示されます。

タブを整理できるTooManyTabs以前紹介しましたが、そちらは専用のタブバーにタブを収納する必要がありました。BarTabではそういった操作をする必要がないため、シンプルで分かりやすいですね。もちろん、どちらの拡張機能もセッション(戻る/進むのページ履歴とか、ページスクロール位置とか、フォームに記入した内容とか)が復元されます。

50個とか100個とか、大量のタブを開いたままで再起動すると余計に時間がかかってしまいますが、BarTabを用いると、タブが1つだけの状態で再起動するのと同じ時間で済みます。ほかのタブに切り替えるまでは、メモリ消費量もタブ1つ分だけ。

「タブはいつもたくさん開きっぱなしだけど、そういや最近開いていないタブもいくつかあるなぁ」とか、「閲覧ページ内にある複数のリンクを一斉に開いたけど、今日読むのは一部だけ」みたいな、多段タブがアタリマエな方は試してみてはいかが?

スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top

軽量テーマで着せ替えよう!

- 2010-01-24(Sun) - 

「着せ替えブラウザ、できました。」がキャッチフレーズなFirefox 3.6

以前から拡張機能として公開されているPersonasの主要機能がFirefox 3.6に統合され、Firefoxを再起動させることなく軽量テーマを切り替えることができるようになりました。

軽量テーマなPersonas(ペルソナ)は、基本的にメニューバー/ツールバー/タブバー/ステータスバーの文字色&背景画像(背景色)をカスタマイズできます。通常のテーマはこれらに加え、全体のデザインとかアイコンとかメニューとかオプションウインドウなどもカスタマイズできます。

つかいかた

アドオンマネージャでテーマパネルの右下にある「新しいテーマを入手」をクリックすると、Personasのギャラリーページを開きます。現時点で41000以上の軽量テーマが登録されており、サムネイルにマウスカーソルを重ねるだけでその軽量テーマをプレビューできます。どのようなものかインストールせずにお試しできるのは便利ですね。サムネイルの下には利用しているユーザー数も表示されているので、その軽量テーマの人気具合が分かったり。

サムネイルにマウスカーソルを重ねたときに表示されるオレンジ色の「Wear It」か、サムネイルをクリックして開いたページ内の「Wear this Persona」をクリックすると、その軽量テーマをインストールしてスグに着せ替えます。誤ってインストールした場合は、上部に表示された情報バー内の「元に戻す」ボタンを押せばOK。

インストールした軽量テーマは通常のテーマと同様にアドオンマネージャのテーマパネルに登録され、ここから切り替えたり削除したりできます。通常のテーマとは異なり、軽量テーマはアドオンマネージャに8つまでしか登録されません。それ以上の軽量テーマをインストールすると、古い軽量テーマから自動的に削除されるようなので注意。

自分が気に入った軽量テーマはそのページをブックマークしておいてもいいのですが、Personasのサイトにログインして軽量テーマのページにある「Add to favorites」をクリックしておくと、My Favorite Personasから参照できるようになります。なお、拡張機能のPersonasはFirefox 3.6にもインストールでき、ステータスバーのアイコンからお気に入りに登録した軽量テーマや人気のある軽量テーマなどへ簡単に切り替えることもできますよ。


さて、探すのも一苦労するほど大量の軽量テーマが登録されていますが、個人的にお気に入りな軽量テーマを50選んでみました。興味のある方は以下の追記を読んでね。

この記事のURL | Firefox | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top

Firefox 3.6 リリース!

- 2010-01-22(Fri) - 

Firefox 3.6正式版が公開されました。Firefox 3.5と比べて動作も軽くなっていますので、使っているアドオンが3.6に対応していればサクッとアップグレードしちゃいましょう。

アドオンが対応しているか確認するには?

ヘルプメニューの「ソフトウェアの確認」を選択すると”ソフトウェアの更新”ウインドウが表示され、「新しいバージョンを入手する」ボタンを押すと、「互換性のないアドオンがあります」画面が表示され、インストールしているアドオンのうち、Firefox 3.6では動作しない(互換性がない)ものを確認できます。
(インストールしているアドオンがすべてFirefox 3.6に対応しているのであれば、「互換性のないアドオンがあります」は表示されずにダウンロードが開始されます。)

それらのアドオンが使えないと困るのであれば、それらがFirefox 3.6に対応されるまで本体のアップグレードは様子見するのもいいでしょう。ただし、1?2か月ほどたってもそれらのアドオンが更新されないようであれば、同じような機能を持つ代替のアドオンを探してFirefox 3.6へアップグレードしたほうがいいかもしれませんね。

バックアップしたほうがいいの?

以前のエントリーでも紹介しましたが、心配な方はバックアップしておきましょう。Firefoxを完全に終了した状態で、プロファイルフォルダを別のフォルダに丸ごとコピーしておくだけでOK。詳しくは、設定情報のバックアップをお読みください。

Firefox 3.0から3.5へ更新するときに比べて、Firefox 3.5から3.6への更新はトラブルが起きにくいと思いますので、あまり心配する必要はないのかもしれませんけどね。

この記事のURL | Firefox | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

範囲選択した文章をポップアップ翻訳するQuick Translator

- 2010-01-17(Sun) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はQuick Translator
閲覧ページ内で範囲選択したテキストをポップアップ翻訳します。

Google AJAX Language APIを利用しているので、ステータスバーからLanguagesを「Japanese」に設定しておけば、範囲選択する文章がどの言語でも日本語に翻訳してくれます。英語以外のサイトも見る場合は便利な仕様ですよね。

ページ内のテキストを範囲選択してCtrl+Alt+Tキー(好きなキーに変更可)を押すと、翻訳したテキストがポップアップ表示されます。ショートカットキー以外に、ツールバー/ステータスバー/コンテキストメニューの「Translato Selected Text」から翻訳できるほか、範囲選択し終えると同時に翻訳する設定も用意されています。

Googleの翻訳サービスを用いた同様の拡張機能はこのほかにも、単語翻訳やYahooの翻訳サービスも利用できるBabelFish、範囲選択したところを翻訳後のテキストに置き換えるGoogle Translator for Firefox、シンプルな機能のInline Translator、簡単に単語翻訳もできるLiveDic、翻訳したテキストをステータスバーに表示するqtl ultra liteなどが公開されているので、自分に合うのを探してみるのも面白いですよ。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(1) | ▲ top

PDFをGoogleドキュメントビューアで開く

- 2010-01-10(Sun) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はgpdfGoogle Docs PreviewGoogle Docs Viewer
いずれも、PDFドキュメントをGoogle ドキュメント ビューアで閲覧できます。

GoogleのWeb検索で検索結果にPDFがあると「クイックビュー」のリンクがありますが、それがGoogleドキュメントビューアです。Adobe Readerなどのプラグインを利用することなく、PDFドキュメントを閲覧できます。

gpdfは閲覧ページを開いたタイミングで、ページ内にある.pdfへのリンク先URLを書き換えます。リンク先がPDFドキュメントかどうか意識せずにクリックするだけで開けますが、ページ内にリンクが数え切れないほどある場合はリンクを書き換えるまでFirefoxが重くなるかもしれません。また、Googleドキュメントビューアで開いてからでないと、PDFドキュメントの保存ができなくなってしまいます。

Google Docs PreviewとGoogle Docs Viewerはどちらも、閲覧ページ内にあるリンクを右クリックしてコンテキストメニューからGoogleドキュメントビューアで開きます。右クリック1回分の手間がかかりますが、リンクは書き換えないので重くなりませんし、通常通りリンクからPDFドキュメントを保存できます。.pdfのほか、PowerPointプレゼンテーション(.ppt)も同様の操作で閲覧できます。

gpdfのようにリンク先URLを書き換えたり、リンクの隣りにGoogleドキュメントビューアで開くリンクを追加するようなGreasemonkeyスクリプトやブックマークレットもいくつかのサイトで公開されています。わたしはPDFドキュメントを開く機会がそれほど多くないのでブックマークレットを使ってますけどね。ちなみに、開く際のURLのパラメーターに「embedded=true」を追加すると、右側の目次欄(サムネイル)をなくすこともできますよ。

最近、いわゆるGumblarウイルスの被害が増えてきています。Adobe Reader(Foxit Reader)・Flash Player・Java Runtime Environmentなどを最新版にアップデートするなどの対策は当然なのですが、PDFドキュメントはGoogleドキュメントビューアで閲覧するように心がけるのもいいかもしれません。Googleドキュメントビューアの動作は軽く、JavaScriptは実行されないので安心です。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

あけましておめでとうございます

- 2010-01-01(Fri) - 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年も多くのアドオンがリリースされました。そこで、2009年にリリースされた拡張機能のうち、わたしが気に入ったものを5つ選んでみました。

Tab Progress Bar

タブ内のわずかなスペースにプログレスバーを表示するだけなのですが、そのシンプルなところが気に入りました。

Disable Automatic Offline Management

Firefox 3.5になって個人的に思う不満点が、オフラインモードへ自動的に切り替わってしまうこと。この機能を無効にしてくれるので重宝しています。

extbook

ロケーションバー内のアイコンを1クリックするだけで特定フォルダにブックマーク。紹介時は☆アイコンが6色用意されているだけでしたが、現在のバージョンでは選べるアイコンも増え、ブログに書いた要望のように、◎アイコンにマウスカーソルを合わせたときだけアイコンが表示できるようになりました。

Tabberwocky

タブ/タブバー関連の機能をカスタマイズする拡張機能といえばTab Mix Plusが有名ですが、「Tab Mix Plusで使っていない機能も多いし、もう少し軽量なものを使いたい」ってときの第1候補になりそう。

FabTabs

タブの背景色をページ内の色に合わせてくれます。ページの一部分を画像解析して色を決める仕組みが面白いですね。


もう一つ注目しておきたいのはJetpack。話題になるのは将来のFirefoxに標準で搭載されてからだと思いますが、拡張機能の開発が容易になることで、さらに多くの拡張機能がリリースされるようになるのかも。ちなみに、1年前はUbiquityの人気が今ごろにでてくるのかなぁと思いましたが、まだ早かったようです。こちらもJetpackと同様に搭載されてからなのでしょう。

今年はFirefox 3.6がリリースされます。3.6ではPersonasが標準搭載されるので、日本発の軽量テーマがたくさんでてくるといいな。

この記事のURL | 雑記 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
 
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。