2009 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 01


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

勝手に改造版 Google Reader Full Feed

- 2009-12-19(Sat) - 

以前のエントリーで、GreasemonkeyスクリプトのGoogle Reader Full FeedがFirefox 3.6(Beta)では正しく動作しないことを書きましたが、どうにかならないかなぁと思いスクリプトをいじって試行錯誤してみたら動作するようになったので、その改造版を載せておきますね。

保存後に「?_user.js」を「?.user.js」にリネームしてインストールしてください。ご利用は自己責任でお願いします。

Firefox 3.6に対応

Google Reader Full Feed 0.1.8はFirefox 3.5では問題なく動作するのですが、Firefox 3.6では本文記事に該当する要素が複数ある場合はエラーが表示されていました。Google Reader Full FeedではAutoPagerizeの関数が引用されているのですが、これを最新版のものに差し替えたところ正しく動作するようになったようです。

可能であればSITEINFOをDOM Storageで保存

prefs.js(about:configから参照できる内部設定)の肥大化を避けたかったので、SITEINFOのキャッシュデータをDOM Storageで保存するようにしました。既存のユーザーはキャッシュリセット後に、about:configから「Google Reader Full Feed.cache」で検索して該当する設定を消去しても動作するはず。

初回利用時は自動的にSITEINFOを取得

キャッシュデータを消去したとき、もしくは新規のユーザーがインストール後にGoogleリーダーを初めて開いたとき、キャッシュデータを自動的に取得するようにしました。

記事の相対パスを実記事URLから参照

フィード(RSS)内のURLが実際の記事URLではなく外部フィードサービスのURLなどを介している場合でも、LDR Full Feedと同様の仕様に変更することで、そういったフィードで記事内の画像が正しく表示できるようになったはず。

noscriptタグの中身を表示

記事によってはJavaScriptで記事内のコンテンツを表示して、JavaScriptが無効の場合にはnoscriptタグで代替のコンテンツを表示するものもあります。Google Reader Full Feedでは標準でscriptタグが破棄されるため、そういった記事で代替のコンテンツを表示できるようにしてみました。無効にしたい場合は「VISIBLE_NOSCRIPT_TAG」をfalseに変更してください。

スポンサーサイト
この記事のURL | Greasemonkey | コメント(3) | トラックバック(0) | ▲ top

Configuration Maniaとabout:configの設定メモ

- 2009-12-06(Sun) - 

Firefoxの内部設定(高度な設定)はアドレス「about:config」を開くことで一覧が表示され、そのページから多くの設定を変更できます。ただし、通常のオプションとは異なり、各設定が日本語で記載されてるわけではないので分かりづらく、誤って別の設定を変更したりしてFirefoxが正しく動作しなくなってしまう可能性もあります。

しかし、「これはFirefoxのオプションから変更できてもいいのに…」と思う有用な内部設定も中にはあったりします。そのような設定の一部を、用意された設定欄で分かりやすく変更できるようにしたのが拡張機能のConfiguration Maniaです。各項目が日本語で記載されていて分かりやすく、標準の設定に戻すボタンも用意されているので安心かな。

そこで、Firefox 3.5にて私が設定を変更している項目を書き出してみました。よろしければ参考にしてみてくださいね。

Configuration Mania

  • ブラウザ
    • ロケーションバー
      • 最大表示項目数:20
        (スマートロケーションバーの候補が標準値の12件ではちょっと少ないので)
    • タブブラウジング
      • 最後のタブを閉じたらウィンドウを閉じる:OFF
        (Ctrl+Wキーで最後のタブを閉じてもウィンドウを閉じないように)
      • 閉じるボタンを表示する場所:アクティブなタブのみ表示
        (現在のタブがどこにあるか分かりやすいので)
      • タブの最小サイズ (ピクセル):50
        (開くタブの数は多くても20ほどですが、なるべくスクロールしないように)
      • 検索バーでの検索結果を新しいタブで開く:ON
      • ブックマークや履歴から開いた新しいタブを選択する:OFF
        (ブックマークサイドバーは使っておらず、ツールバーから複数のブックマークを連続で開けるように)
      • 外部アプリやリンクなどに新しいタブが開かれたとき、すぐにそのタブへ切りかえる:OFF
        (外部アプリでURLなどをクリックしたとき、Firefoxを前面に表示したくないため)
    • セッションストア
      • セッション状態を保存する時間間隔 (ミリ秒):100000
        (ページ上でブログ記事を書いたりはしていないので、100秒ごとに変更)
    • ダウンロード
      • 新しいダウンロードを最近開いたドキュメントの一覧に追加する:OFF
        (Windowsのスタートメニューへ追加しないように)
      • スライドアニメーションの速度:軽い設定
    • ブラウザのキャッシュ
      • キャッシュされるページ表示の数:1
        (前のページに戻る機会が少ないので)
    • その他
      • IPv6でDNSを問い合わせしない:ON
      • Backspaceキー押下時の動作:何もしない
        (誤って前のページへ戻らないように)
  • セキュリティ
    • JavaScript - 詳細設定
      • ウィンドウの移動または大きさの変更を無効に:ON
        (勝手にウィンドウの大きさなどを変更してほしくないので)
    • JavaScript - UI偽装対策
      • すべての項目をON
    • ポップアップ
      • タブブラウジングでのポップアップの扱い:リンクの設定と同様に処理
        (ポップアップをウィンドウではなくタブで開いてほしいので)
      • 実行可能ファイルを開こうとした場合に、危険性について警告する:ON
  • デバッグ
    • デバッグ作業用
      • クロムのJavaScriptエラー/警告も表示する:ON
        (アドオンのエラーや警告が分かるように)
    • JavaScriptのJITコンパイラを有効に
      • クロム:ON

このほか、上記以外にabout:configから直接変更している内部設定も記載しておきます。

about:config

  • browser.history_expire_days:40
    (履歴の最長保存日数(標準値は180)で、1か月強を過ぎた履歴は消去するように。なお、オプションから変更できる最短保存日数は20日に設定)
  • browser.history_expire_sites:4000
    (履歴の最大保存件数(標準値は40000)で、これ以上の履歴は保存しないように)
  • browser.zoom.updateBackgroundTabs:false
    (閲覧ページをズームしたとき、(同じサイトの)別タブでは連動してズームしないように)
  • mousewheel.withcontrolkey.action:4
    (Ctrl+ホイールスクロール操作をしたとき、ズームせずに1ピクセルずつスクロールする)
  • browser.enable_automatic_image_resizing:false
    (ウィンドウよりも大きな画像ファイルを開いたときに実寸のまま表示)
  • browser.fullscreen.animateUp:0
    (全画面表示にするときのアニメーションを無効に)
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
 
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。