2009 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 08


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

ページの色をタブに反映させるFabTabs

- 2009-07-26(Sun) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はFabTabs
Webページで目立ってる色・よく使われている色を元にして、そのタブの背景色に反映させます。

ページの読み込みが完了するとFabTabsは一定範囲(初期設定ではページの左上隅から幅800px・高さ80pxの部分)を取得し、その部分から最もよく使われている色を識別して、タブの背景色にします。背景色が濃い場合、タブの文字色は白に変更します。

設定では取り込む範囲の位置と大きさを指定できますが、範囲を大きくするとページを開く度にそれなりの負荷がかかってしまうので、控えめにしておいたほうがよさそう。また、「Only color the active tab」を有効にすると現在のタブにのみ反映させることができるので、現在のタブだけ目立たせる使い方もアリかも。

そのほか、下記項目によってタブの背景色が決まります。(詳細はよく分からないので、間違っていたらゴメンナサイ。)

Color matching strength

どのくらい近似色を許容するか。設定値以内のレベルの色は同じ色としてカウントする。

…らしいのですが、いろいろなケースを試してもよく分かりませんでした。(下記設定で除外する色以外の)背景色を反映させたい場合は0を、そうでない場合は初期値の30くらいで。

Prevent light colors strength

取得した色の赤/緑/青の全レベルが(255 - 設定値)より大きい場合、その色は除外する。つまり、設定値が小さいと明るい色も含むが、大きいと明るい色は含まない。

例:設定値が40のとき、取得した色#D8D8D7や#D7D7D8はカウントするが、#D8D8D8は除外する。

Prevent dark colors strength

取得した色の赤/緑/青の全レベルが設定値より小さい場合、その色は除外する。つまり、設定値が小さいと暗い色も含むが、大きいと暗い色は含まない。

例:設定値が10のとき、取得した色#0A090Aや#0A0909はカウントするが、#090909は除外する。


タブを大量に開くとどれがどれか分かりづらくなってしまいますが、このFabTabsを利用すれば見分けやすくなりそうですね。いつもタブを開きっぱなしにしている方は試してみてはいかが。

スポンサーサイト
この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

また誤検出なのかな

- 2009-07-23(Thu) - 

Firefox拡張機能のYahoo Downloader 1.4VirusTotalでスキャンしてみたところ、2件のマルウェア検出という結果になりました。またヒューリスティックスキャンによる誤検出なのかな?

componentsフォルダ内の実行ファイル「DownloadYh.exe」が該当し、実際に害のあるものかどうかは分かりませんが、ダウンローダー&実行ファイルってのはどうしても勘ぐっちゃいますよね。

この記事のURL | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

オンライン/オフラインへの自動切り替えを行わない

- 2009-07-19(Sun) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はDisable Automatic Offline Management
ネットワークの接続状態に応じて、オンライン/オフラインモードへ自動的に切り替えないようにします。

インターネット回線のネットワークが切断/接続されたのを検知すると、Firefoxは自動的にオフラインモードもしくはオンラインモードに切り替えます。Disable Automatic Offline Managementはこの自動的に切り替える機能を無効にして、常にオンラインモードもしくはオフラインモードにしておきます。なお、ファイルメニューの「オフライン作業」から手動で切り替えることは今まで通りできます。

確かFirefox 3.5 Beta 4を使い始めてからだったと思いますが、Windowsをスタンバイにしたり休止状態にしてから復帰したとき、Firefoxがオフラインモードのままになっていることが時々ありました。その前のBeta 3までは問題なかったので、おそらくこのころに仕様が変更されたのでしょう。

この現象に遭遇するかどうかは環境によって異なるようですが、私の環境では確率的には半々か少ないくらいの割合で発生し、新規プロファイルやセキュリティソフト終了でも変わらず。スタンバイ/休止状態から復帰後、オフラインモードのままなのに気づかず「ページ読み込みエラー」となるのがイヤだったので、拡張機能のWork offlineを入れて、ステータスバーのアイコンから簡単にオンラインモードへ戻せるようにしていました。

Firefox 3.5.1でもたまに発生していて気になっていたのですが、これで解決できそう。将来のアップデートでこの問題は解消されるかもしれませんが、同じ現象にお悩みの方はぜひ。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top

起動時間が長い、こんな理由

- 2009-07-12(Sun) - 

Wikiのページ上部に表示されているツールバーのスクリーンショットは、それ専用のプロファイルを使って撮っています。ウインドウの大きさを固定させたりするために。

テーマを切り替えるのにその専用プロファイルを用いたFirefox 3.5で何度も再起動させていたのですが、どうも再起動に時間がかかるような…。

Firefox 3版のスクリーンショットを撮っていたプロファイルでFirefox 3を起動してみると、明らかに起動時間が違う。インストールしている拡張機能とかは同じなのに、起動時間にかなりの違いが。新規プロファイルを2つ作成して3と3.5の起動/再起動時間を比較してもほぼ同じで、試しに起動が遅いプロファイルの中身をバッサリ削除してみても症状は特に変わらず。「何が悪いんだろうなぁ」と調べてみると…。

原因は、セキュリティソフトでファイアーウォールのルールが不適切だったこと。

実は専用プロファイル用に実行ファイル(firefox.exe)をリネームしているのですが、このリネームしたほうは大量に自動作成されたルールを使用していて、それにより起動時に負荷がかかっているのが原因でした。大量のルールを破棄してWebブラウザ用のルールを割り当てたら、いつも通りの起動時間に戻りました。

Windows環境ではFirefox 3.5の起動時間が長くなる不具合があり、IE用のインターネット一時ファイルやWindowsのTempフォルダなどを掃除することで解消されるそうです。今回の件はFirefoxに限らず通信を行うソフト全般に当てはまる話なのですが、「こういった事例もまれにあるよ」ということで。

この記事のURL | Firefox | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Googleブックマークと同期できるGMarks

- 2009-07-06(Mon) - 

先日、1年ぶりにGMarksが更新されてFirefox 3.5対応になりました。GMarksはGoogleブックマークと連携してブックマークを扱うFirefox拡張機能ですが、3年前に公開されてから多くのブログでも紹介されていますので、今回はGMarksの特徴を軽く紹介します。

Firefoxのブックマークを取り込む

GMarksメニューの「ブックマークの管理」を選択してGMarksの管理ウインドウを開き、ファイルメニューの「インポート」を選択すると、Firefox側のブックマークをGoogleブックマークへ登録でき、今までと同じブックマークを利用できます。

取り込んだブックマークのうち、「最近付けたタグ」や「よく見るページ」などのスマートブックマークフォルダは機能しないので、いらないのであればサクッと削除しちゃいましょう。その代わり、GMarksの機能として「最近ブックマークしたページ」や「よく使用したページ」が用意されています。

ツールバーのブックマークを同じように

Firefoxのブックマークを取り込んだ後、GMarksオプションの「表示」→「ツールバー」→「ツールバーラベル」を「ブックマークツールバー」にしておきます。

次に、表示メニュー→「ツールバー」→「カスタマイズ」を選択してツールバーのカスタマイズウインドウを開き、「ブックマークツールバー」と「GMarks ツールバー」を交換してあげると、ブックマークツールバーが今までと同じように表示されるはず。

「未整理のブックマーク」フォルダも利用

GMarksオプションの「一般」→「ラベル」→「ラベルなしの場合のデフォルトラベル」を「未整理のブックマーク」にしておくことで、ブックマークする時のラベルが未指定のとき「未整理のブックマーク」フォルダに配置されます。

フォルダに配置されてもラベルは未指定のままなので、ラベルを登録したいときはそのブックマークを右クリックして「新しいラベル」から追加できます。

ブックマークの追加

GMarksメニューやツールバーに追加したボタンからでも現在のページをブックマークできますが、GMarksサイドバーからフォルダを右クリックして「ブックマークを追加」を選択すると、追加ウインドウのラベル欄に自動記入してくれるので便利。

マウス操作の場合は上記の方法が簡単ですが、キーボード操作の場合はCtrl+Dキーを押して追加/編集ウインドウを開き、Tabキーでフォーカスを移動してラベルやメモを記入するのがよさそう。既存ラベルの先頭部分を記入するとラベルの候補が表示されるので、記入しやすいラベル付けをしておくといいかも。

また、ロケーションバー左端のアイコン(Firefox 3以前ではタブでもOK)をGMarksサイドバーにドラッグ&ドロップすると、現在のページをすぐにブックマークします。上記のように設定していれば、「未整理のブックマーク」フォルダに配置されます。

フィルターの利用

Gmailのフィルタ機能に似た機能も用意されています。GMarksサイドバー内の検索欄の右端にあるドロップダウンマーカーをクリックして「フィルターを編集」を選択すると、フィルターの作成/編集ウインドウが表示されます。

条件とアクションを設定して「フィルターを作成」ボタンを押すと作成し、ブックマークする際に名前/ラベル/メモを自動で追記したりできます。が、残念ながら執筆時点のバージョンで日本語などは正しく扱えません。また、「以下のブックマークに適用してください」チェックボックスをONにしてフィルターを作成すると、既存のブックマークにフィルターを適用させることもできます。

クイックブックマーク検索

Homeキーを2回押すと入力欄がポップアップ表示され、名前/URL/ラベル/メモに該当するブックマークを一覧表示します。↑↓キーで選択して(Alt+)Enterキーで開くことができるので、マウスを使わなくてもOK。このHomeキーはGMarksオプションの「その他」→「クイック検索」から変更できます。

うまく使いこなすとかなり便利そう。

Googleリーダーのスターアイテムも表示

GMarksオプションの「その他」→「Google Reader」→「GMarksにスターアイテムを表示」をONにすると、Googleリーダーのスター付きアイテムを指定したラベルで表示できます。このスターアイテムは前述のクイックブックマーク検索もできるので、Googleリーダーでスターを利用している方は簡単に参照できて便利ですね。


Googleブックマーク経由で複数のPCとブックマークを共有することもできて便利なのですが、Googleブックマークの登録数に比例してメモリ消費量が増えてしまうデメリットも。見た目や使い勝手は通常のブックマークに近いので、比較的扱いやすいのが一番の特徴なのかな。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Firefox 3.5 リリース!

- 2009-07-01(Wed) - 

Firefox 3.5がリリースされましたね。Beta版から利用していましたが、Firefox 3と比べて軽く・早くなったのが実感できます。

それと、Wikiのページ上部に表示しているツールバーのスクリーンショットを、Firefox 3.5対応のテーマのものに変更しました。クリックするとそのテーマのページを開くようにしています。編集画面が表示された場合はそのページが存在しないということなので、Firefox 3.5対応なテーマはガンガン登録してもらえると助かります。

この記事のURL | Firefox | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
 
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。