2008 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 10


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

Firefox 3.0.2で保存パスワードが扱えない問題について

- 2008-09-25(Thu) - 

「Firefox 3.0.2にアップデートしたらパスワードが消えた!?」という方のために、対処方法を以下に記載しておきます。

  1. プロファイルフォルダを開く。
  2. 「signons3.txt」をテキストエディタなどで開き、文字コードを「UTF-8 (BOMなし)」に変更して保存する。

以上です。すべてのケースで解決するかは分かりませんが、signons3.txtの内容を編集する必要も、Firefoxを再起動する必要もありませんでした。心配な方は念のためsignons3.txtのバックアップをしておきましょう。

この不具合のみを修正したFirefox 3.0.3が早ければ今週末にもリリースされる予定のようです。

スポンサーサイト
この記事のURL | Firefox | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top

Wikiの構成変更について

- 2008-09-20(Sat) - 

Firefox更新情報 Wiki*を3点ほど変更した部分がありますのでお知らせします。

1. ページ左側に表示されるメニューについて、トップページ以外では更新履歴を表示しないようにしました。

Wikiでのサイト内検索では問題ないのですが、外部の検索エンジンではメニューの内容も拾ってしまうため、アドオン名で検索したときに関係ないページがヒットしないように、というのが意図です。それに、すべてのページで表示させる必要はないかなーと思いましたので。

2. Thunderbird専用アドオンのデータページを削除しました。

現在はThunderbird用のデータページを扱っていませんし、これらのページで更新があってもそのほとんどが荒らしやいたずらでしたので、必要ないと判断し削除しました。「Thunderbird データベース Wiki*」みたいなWikiを用意するほどの需要もなさそうですし。

3. サポートが終了したアドオンのデータページを移動&凍結しました。

現時点でFirefox 2.0や3.0に未対応なアドオンのデータページを移動しました。拡張機能の場合は「Ext/ジャンル/拡張名」から「Ext/old/ジャンル/拡張名」にリネームしています。また、これらのページと、公式サイトで公開が終了したページを凍結しました。

凍結されたページの下の方には報告フォームがありますので、「公式サイトが変わって新しいのが出てるよ」とか「ページが古いだけで実は対応してるよ」などの場合は報告をお願いします。データページのFirefox対応欄の情報だけで判断しましたので、いくつかのページは誤って移動&凍結した可能性があります。また、公式版は放置されているけど非公式版が頻繁に更新されてるようなアドオンがありましたら同様に報告願います。凍結解除などの対応をしたいと思います。

この記事のURL | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Ubiquityで2chスレッド検索

- 2008-09-13(Sat) - 

Ubiquityで2ちゃんねるスレッド検索するコマンドを作ってみましたので、興味がある方は以下のページからどうぞ。

2chスレッド検索 - Ubiquityコマンド

新しいタブを開いたりせずUbiquityでサクッと調べられるのは面白いですね。

この記事のURL | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

2chスレッド検索 - Ubiquityコマンド

- 2008-09-13(Sat) - 

Ubiquity2ちゃんねるをスレッド検索するコマンドです。

コマンド「2ch-search」と入力(途中まででもOK)してEnterキーを押すと、2ちゃんねるのトップページを開きます。

閲覧ページ内の文字列を範囲選択してからこのコマンドを入力したり、このコマンドの後に半角スペースをはさんで文字列を記入すると、その文字列での検索結果をプレビュー表示します。プレビュー表示されたスレッド名や板名をクリックするとそのスレッドや板を開き、Enterキーを押した場合はFind.2chでの検索結果ページを開きます。

  • 2008/09/15:サムネイルの取得先を変更しました。
  • 2008/09/15:記入した最後の文字がスペースの場合、プレビュー表示を更新しないようにしました。
  • 2008/10/23:Ver 0.1.2に暫定対応しました。以前のバージョンでは動作しません。
  • 2009/01/11:記入し終えてから0.5秒後にプレビュー表示のデータを取得するようにしました。Ver 0.1.4で動作確認。

以下、コマンドの追加と削除について。

Ubiquityがインストールされている環境で現在のページを開くと、ページ上部に情報バーが表示されますので、情報バー右端の「Subscribe...」ボタンを押すと「Ubiquity Command from Untrusted Source」という登録確認ページが表示されます。

このページではコマンドの内容(スクリプト)が表示されていますので問題がないか確認し、ページ下部にある「I know what I'm doing. Subscribe to it!」ボタンを押すとコマンドが登録されます。「Auto-update this feed.」チェックボックスをONにしておくと、Firefox起動時にコマンドを自動更新してくれます。

コマンドを削除したい場合、コマンド「help」を入力すると専用ページが表示され、右列の「Subscribed Feeds」欄から[unsubscribe]のリンクをクリックすることで削除できます。


以下、このコマンドを作ってみて。

このコマンドは2ch非公式APIを利用しています。APIを制作された方に感謝!

今回のコマンドではgoogleコマンドなどと同様にリアルタイムに読み込んでプレビュー表示していますので、サーバーが軽いときは瞬時に表示されて便利です。ただし、サーバーが重いときはプレビュー表示まで時間がかかることもありますので、そういった場合は少し時間をおいてみてくださいね。

プレビュー表示のスレッドから、さらに>>1の内容をプレビュー表示させようかなとも思いましたが、今回はスレッド検索のみにしました。何か良さげな方法が思いついたらこっそり更新するかもしれません。

この記事のURL | Ubiquity | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Ubiquity - Firefox拡張機能

- 2008-09-06(Sat) - 

今回紹介するFirefox拡張機能はUbiquityです。
これは、閲覧ページを表示したままでさまざまな操作を行うことができるコマンドラインツールです。

Ctrl+Spaceキーを押すとページ左上に半透明の領域が表示され、キーボードでコマンドを記入することでFirefoxの各種操作を実行したり、範囲選択した文字列を取得して何らかの処理を行ったり、範囲選択した部分を書き換えたり、Webサイトにアクセスして取得したデータを表示したり…などなど、いろいろなことができます。

Mozilla Labsの配布ページではいくつかの機能を紹介した動画が公開されていますし、ITmedia エンタープライズのこちらのページではデフォルトで用意されているコマンドが紹介されていますので、どのようなことができるか参照してみて下さい。

コマンド「help」と記入すると専用ページが開き、Users欄ではコマンドラインを表示させるキーボードショートカットを変更したり、右の列に表示されている「Subscribed Feeds」欄から追加したコマンドを削除したりスクリプトを確認できます。専用ページ上部にあるリンクから移動できる「Your Commands」ページではインストールしているコマンドが一覧表示され、「Find New Commands」ページでは公開されているコマンドが一覧表示されます。

デフォルトで用意されているコマンドは英語版のWebサイトを前提にしているものが大半ですが、例えばこちらのコマンドをインストールすると、コマンド「wikipedia」を日本語版Wikipediaで検索するように置き換えます。Ubiquityをインストールした方はこのようなコマンドも導入しておくといいかも。

せっかくですので、私もFirefox更新情報Wiki*を検索するコマンドを作ってみました。興味がある方は下記のページから追加してみてください。

Firefox更新情報Wiki*を検索 - Ubiquityコマンド

Ubiquityは執筆時点ではプロトタイプ版ですが、大きな将来性を感じます。きっとGreasemonkeyuserChrome.jsのように、ユーザーの手によってコマンドがたくさん作成されていくでしょうし、今後のバージョンアップによってはキラーアプリになるかもしれない、そんな可能性を持つ拡張機能だと思います。日本語対応に期待しつつ、今後の展開が楽しみです。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Firefox更新情報Wiki*を検索 - Ubiquityコマンド

- 2008-09-06(Sat) - 

UbiquityFirefox更新情報 Wiki*を検索するコマンドです。

コマンド「fx-wikiwiki-search」と入力(途中まででもOK)してEnterキーを押すと、Firefox更新情報 Wiki*のトップページを開きます。

閲覧ページ内の文字列を範囲選択してからこのコマンドを入力したり、このコマンドの後に文字列を記入してからEnterキーを押すと、その文字列での検索結果ページを開きます。Enterキーを押さずに待っていると、検索結果(の一部)をプレビュー表示します。プレビュー内のリンクをクリックするとそのページを開きます。

  • 2008/09/07:コマンドの最後に半角スペースを2つ記入したときプレビュー表示するよう変更。
  • 2008/10/23:Ver 0.1.2に暫定対応しました。以前のバージョンでは動作しません。
  • 2008/10/23:半角スペースを2つ記入しなくても、すぐプレビュー表示を行うように戻しました。
  • 2009/01/11:日本語で検索できなかったのを修正。Ver 0.1.4で動作確認。
  • 2009/01/11:記入し終えてから0.5秒後にプレビュー表示のデータを取得するようにしました。

以下、コマンドの追加と削除について。

Ubiquityがインストールされている環境で現在のページを開くと、ページ上部に情報バーが表示されますので、情報バー右端の「Subscribe...」ボタンを押すと「Ubiquity Command from Untrusted Source」という登録確認ページが表示されます。

このページではコマンドの内容(スクリプト)が表示されていますので問題がないか確認し、ページ下部にある「I know what I'm doing. Subscribe to it!」ボタンを押すとコマンドが登録されます。「Auto-update this feed.」チェックボックスをONにしておくと、Firefox起動時にコマンドを自動更新してくれます。

コマンドを削除したい場合、コマンド「help」を入力すると専用ページが表示され、右列の「Subscribed Feeds」欄から[unsubscribe]のリンクをクリックすることで削除できます。


以下、コマンドを初めて作ってみて。

拡張機能を作る知識は皆無な私ですが、UbiquityのコマンドであればJavaScriptをかじった程度でなんとかなりますので面白いですし勉強にもなりますね。

このコマンドでのプレビュー表示ですが、文字を1文字ずつ入力するごとにアクセスしてしまうため、結果的にプレビューがなかなか表示されず使い勝手があまりよくありません。setTimeoutを使って0.5秒くらい待ってからアクセス処理できないかなーと思いましたが、setTimeoutを使うとエラーがでてしまいますし…。何かイイ方法はないかなぁ?

この記事のURL | Ubiquity | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

GoogleさんちのChromeくん

- 2008-09-04(Thu) - 

以前、招待制だったころのGmailを初めて使ったときは「これは将来スゴイことになるなぁ」と感動していたのを思い出しますが、今回も同様に感じています。多くの方がブログで書いてますが、せっかくなので私もGoogle Chromeについて少しだけ。

何よりもスゴイなぁと思ったのはメモリ管理のところ。プロセスを分けることで、タブを閉じれば使用していたメモリも即座にすべて解放するってのは、おそらく今までのブラウザでは実現できなかったことでしょうし。将来、タブブラウザとして当たり前のことになっているかもしれませんね。それと、Google Chrome内のタスクマネージャや「about:memory」でタブごとにメモリ使用量が分かるのも面白いですね。

ほかには起動が速かったり、ものすごくシンプルなデザインなのも良さげですね。まだ最初のβ版ですのでほかのブラウザとの比較はするものではないと思いますが、性能的にダメな部分は特に感じませんでした。

あと、Gearsが標準搭載されているのは大きいです。一般的にGearsはオフライン環境でもWebアプリを利用できるようにすることが有名ですが、それよりももっと重要なのはJavaScriptをバックグラウンドで動作させられるところ。このワーカープール機能を使いたくて1年近く前に勉強しようと思ったのですが、素人の私にはサッパリでした。それから全然ふれていませんが、今では日本語で分かりやすく解説してるサイトがあったりするのかなぁ。

昔から「GoogleがWebブラウザを作ればいいのに」と思っていましたが、いよいよそれが実現したことに「ついに来たんだなぁ」という思いでいっぱいです。ただ、これでもかというほどFirefoxの拡張機能の便利さにハマっていますので、乗り換えられる日は来るのかな…。せめてStylishがあれば…、それとpopupTranslate.uc.xulがないと…、あとScrollbar Anywhereも…、ってキリがないですね。

この記事のURL | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
 
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。