2007 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 02


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

情報を流出する恐れがあるアドオンと対策方法

- 2008-01-24(Thu) - 

Firefoxに情報流出の脆弱性、危険度は低レベル - ITmedia Newsにて、「アドオンがコンテンツをjarアーカイブに保存しないことが原因」で情報を流出する恐れがあるそうです。

つまり、インストールフォルダにて、chromeフォルダ以下にあるコンテンツが.jarアーカイブに収められていればOK、.jarファイルが無くて直接content/locale/skinフォルダなどが見えていればNGってことなのかな?

上記ので合っているとして、(無効にしているのも含め)いくつかのプロファイルでインストール済みな拡張機能を調べたところ、該当するものは以下の通りでした。

  • Custom Buttons 0.0.2.4
  • Download Embedded 0.5
  • Download Statusbar 0.9.6 beta2
  • Emhanced Feed Preview 1.0.1
  • Feed Sidebar 1.0.2
  • Google Gears 0.1.54.0
  • Greasemonkey 0.7.20080121.0
  • iGoogle Sidebar 1.3.3
  • InspectThis 0.2.9
  • Mozile 0.6.31
  • OpenSearchFox 0.1.5
  • repagination 2006.4.5
  • ScribeFire 1.4.2
  • Stylish 0.5.3
  • Translation Panel 1.4.14.7

けっこうありますね…。皆さんも該当するアドオンがあるか確認し、あった場合はそれらのアドオンが更新されていないか小まめにチェックしましょう。

しかし、それらのアドオンすべてが近日中に更新するとは限りません。そこで、chromeフォルダ以下のコンテンツを.jarアーカイブに保存しておく方法を、Windows環境にてインストール済みのGreasemonkey 0.7.20080121.0を一例として紹介します。

  1. Greasemonkeyのインストールフォルダを開きます。インストールフォルダは拡張機能MR Tech Local Installなどで簡単に開くことができます。
  2. chromeフォルダ内のchromeFilesフォルダとiconsフォルダを1つの.zipファイルとして圧縮します。その.zipファイルを開くと、chromeFilesフォルダとiconsフォルダが入っているはずです。元のchromeFilesフォルダとiconsフォルダは削除しても構いません。
  3. (2.)の.zipファイルを「gm.jar」とリネームします。
  4. インストールフォルダの「chrome.manifest」をテキストエディタなどで開きます。
  5. 文字列「chrome/」を「jar:chrome/gm.jar!/」に置き換えて上書き保存します。
  6. Firefoxを再起動してGreasemonkeyが動作していれば完了です。

メインで使用しているFirefox3 Beta2では5つの拡張機能が該当し、それらを上記のように対策してみましたが通常通り動作しています。何か問題があればエラーコンソールにエラーが表示されているはずです。

この方法はすべてのアドオンで利用できるとは限りませんし、何らかの不具合が発生する可能性があります。また、上記の脆弱(ぜいじゃく)性対策になるかどうかはよく分かりませんのでご了承ください。

スポンサーサイト
この記事のURL | Firefox | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top

Firefox3のスマートブックマーク

- 2008-01-20(Sun) - 

Firefox3では動的に生成した項目をブックマークフォルダとして表示する「スマートブックマーク」という機能があります。

Firefox3 Beta2ではデフォルトで登録されているものの1つに「アクセスした回数の多いページ」があるのですが、私の場合リストに表示されている項目の4分の3が「Google リーダー」で、事実上使い物になっていなかったり…。こういったのを1つにまとめられるといいのですが。

また、スマートブックマークは追加や編集ができ、例えば「最近アクセスしたブックマーク」を追加したり、10件だったリストの表示を20件に増やすとかが可能です。β版な現状では一般向けな解説ページは見あたりませんが、Firefox3正式版ではこれらのカスタマイズも簡単にできるようになるといいですね。

この記事のURL | Firefox | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

XRAYとStylishで指定した部分を隠す

- 2008-01-13(Sun) - 

以前のエントリーでは拡張機能Adblock Plus: Element Hiding Helperを用いることでWebページ内の指定した部分を簡単に隠す方法を紹介しましたが、今回はXRAYと拡張機能Stylishで同様のことを行う方法を紹介します。

XRAYはWebページ内にて指定した部分のCSSレイアウトを簡単に調べることができるブックマークレットです。調べたいページで登録したブックマークレットXRAYを開くとそのページ内にポップアップウインドウが表示され、調べたい部分をクリックするとその要素の情報が表示されます。

隠したい範囲が微妙でうまく指定できない場合、その部分の内側を一度クリックして、ポップアップウインドウ内の「inheritance hierarchy」(継承階層)欄に子セレクタが表示されているので、1つずつ上の階層の子セレクタをクリックしていくと狙った部分を指定できます。
(子セレクタが「○○ > □□ > △△ > ××」となっている場合、「△△」のリンクをクリックすると1つ上の階層が選択されます。)

非表示にしたい部分をうまく指定できたら、Stylishでそのドメイン(またはページ)用スタイルへ以下のように記述します。

○○○ {display: none !important;}

○○○の部分ですが、XRAYのid欄に表示されていた場合は「#○○○」を、class欄に表示されていた場合は「.○○○」を、id欄とclass欄のどちらも空白だった場合はinheritance hierarchy欄の子クラスタを記述します。複数の要素を隠したい場合は「○○○, □□□, △△△」のようにカンマで区切って指定できます。

ページ内の要素を調べるのはDOMインスペクタやほかの拡張機能でもできますが、ブックマークレットだけで調べられるXRAYはお手軽で便利です。また、非表示にするのはuserContent.cssでもできますが、Firefoxを再起動しないと指定したCSSが反映されないため、任意のタイミングでプレビューできサイト/種類ごとに管理できるStylishのほうが扱いやすいです。

毎日や毎週のように見に行くサイトで、広告以外にジャマな部分だらけなページはXRAYとStylishを活用しちゃいましょう。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

使用しているuserChrome.js用スクリプト

- 2008-01-06(Sun) - 

2007年にインストールした拡張機能のうち、私が最もよく利用した/便利だったものを1つ挙げるとしたら、それはuserChrome.jsです。

最初は拡張機能の数を減らせるだけだと思っていて試してもいなかったのですが、拡張機能と同等の機能をより軽快に動作させることができたり、Greasemonkey用スクリプトがそのまま利用できるということを知って使うようになりました。

現在、Firefox3 Beta2で使用しているuserChrome.js用スクリプトは以下の通り。alice0775氏のサブスクリプトローダーを使用しています。

Mouse Gesturesは拡張機能のAll-in-One Gesturesなどよりもキビキビ動くので愛用してます。UndoListInTabmenuTooはTab Mix Plusで使用していた「最近閉じたタブ」ボタンの代わりに利用しています。

popupTranslateは英文などをポップアップ翻訳することができ、英語が苦手な私にとってとても重宝しています。ちなみに、Yahoo!とlivedoorの翻訳を追加し、普段はYahoo!英日翻訳を利用しています。

Undo Search Engineは2chのfirefox userChrome.js greasemonkeyスクリプトスレで公開されていたものを、Firefox3対応&検索後に記入した文字列を削除するように編集したものです。デフォルト以外の検索エンジンを選択するとデフォルトの検索エンジンへ戻す操作をする必要があるためあまり使わなかったのですが、このスクリプトを用いることで検索後にデフォルトの検索エンジンに戻るため、デフォルト以外の検索エンジンも気分的に利用しやすくなります。

また、userContent.jsで使用しているスクリプトは以下の通り。

次ページの本文をつなげて表示してくれるAutoPagerizeはものすごく便利ですね。以前は拡張機能のrepaginationを利用していましたが、AutoPagerizeでは特に操作する必要はありませんしWebサーバーへの負荷も大きくならずに済みます。

userChrome.js用スクリプトと同等機能の拡張機能も多く存在しますし、スクリプトのインストールや設定が比較的難しいため万人にuserChrome.jsをお薦めすることはできませんが、JavaScriptを多少かじったことがある人にとってはちょっとした改造ができたりいろいろと面白いですね。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Firefox3に対応させたShow Full Titles on Bookmarks

- 2008-01-03(Thu) - 

Stylishで導入していた、ブックマーク名に合わせてブックマークメニューの幅を自動的に広げて表示するShow Full Titles on BookmarksがFirefox3 Beta2では動作しなかったので、適当に変更してみました。かなり適当なので参考程度に。

@namespace  url(http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul);  
#bookmarksBarContent toolbarbutton menupopup menuitem,
#bookmarksBarContent toolbarbutton menupopup menu,
#bookmarksMenu menupopup menuitem,
#bookmarksMenu menupopup menu {
max-width: none !important;
}
#bookmarksBarContent > toolbarbutton > menupopup > menuitem,
#bookmarksBarContent > toolbarbutton > menupopup > menu,
#bookmarksMenu > menupopup > menuitem,
#bookmarksMenu > menupopup > menu {
max-width: 100% !important;
}

Firefox3では機能以外にもいろいろと変わってるようなのでテーマ制作者さんは大変そうです。移行ツールで自動書き換えだとか、互換モードで動作するとかがあっても良さそうですが…。

この記事のURL | Firefox | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Firefox3 Beta2で使用している拡張機能

- 2008-01-02(Wed) - 

Firefox3 Beta2を使用するにあたってインストールする拡張機能も整理しました。現在、Firefox3 Beta2で使用している拡張機能は以下の通り。

Firefox2まで対応の拡張機能もあるため、Firefox3でも使用できるようabout:configから
「extensions.checkCompatibility」と「extensions.checkUpdateSecurity」をそれぞれ
「false」に設定しています。

上記のうち、マウスで簡単に画像を拡大縮小するImage Zoom、中ドラッグだけでスクロールバーの操作ができるScrollbar Anywhere、ID/パスワードを記入せず安全にログインできるSecure Login、クリックするまでFlash/WMVなどを再生させないStop Autoplay、FirefoxのGUIやWebサイトを見やすいようカスタマイズできるStylish、さまざまな機能を追加/変更できるuserChrome.js、などこれらの拡張機能はどれも手放せません。

Firefox2ではTab Mix PlusとSecond Searchも使用していましたが、タブを開くときの操作に慣れればTab Mix Plusは使わなくても問題ありませんし、検索バーで「Alt+↑↓」キーを押すと検索エンジンリストが表示されるのに最近気づいたので、Second Searchがなくても困らなくなりました。

一方、Firefox2で使用していた拡張機能のうちFirefox3 Beta2で正しく動作しない拡張機能はGoogle GearsとGmail ManagerとSecond Searchでした。Google Gearsは対応版がでるまで待つしかありませんが、Gmail Managerは対応版が出るまでマルチアカウントに対応していたGmail Notifierを利用しています。

Firefox3正式版がリリースされるまでアドオンのFirefox3対応はなかなか行われないかもしれません。Firefox3へ移行する前に、利用している拡張機能が対応しているかどうかFirefox Add-onsやWikiで一通り確認することをオススメします。

この記事のURL | 拡張機能 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

あけましてロールバック完了

- 2008-01-01(Tue) - 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、先日のスパムによって書き換えられたページはすべてその前の状態へロールバックされました。WIKIWIKI.jp*のスタッフさん、修正作業ありがとうございます。

この件について何か気づいた点などがありましたら当エントリーのコメントもしくはWikiのコメントページへお願いします。

この記事のURL | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
 
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。