2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08


スポンサーサイト

- --------(--) - 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

スクリプトをGreasy ForkにもUP

- 2014-05-17(Sat) - 

Userscripts.orgの調子が悪いようなので、Feedly&InoReader関連のスクリプトをGreasy Forkからでもインストールできるようにしました。

Userscripts.orgがいつ正常に戻るのか分かりませんし、今のままだと自動更新されないと思うので、上記のスクリプトに記述している@updateURLなどをGreasy Fork側のURLに変更しました。これらのスクリプトを利用している方は1度手動で更新していただければと思います。Greasy ForkにアップロードしたスクリプトはUserscripts.orgのと同じものなので、どちらから更新しても大丈夫なはずです。

スポンサーサイト
この記事のURL | Greasemonkey | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top

Google Reader Full Feed Modが保存したデータの削除方法

- 2013-07-20(Sat) - 

不要になったGoogle Reader Full Feed Modなどのスクリプトを削除しても、スクリプトが保存したデータが残っていると思うので、Firefoxで削除するやり方を書いておきます。

Google Reader Full Feed ModとGoogle Reader Scroll Makerのデータを削除

  1. http://www.google.co.jp/intl/ja/about/ を開く。
  2. そのタブを開いた状態でスクラッチパッド(Shift+F4キー)を開く。
  3. 以下の6行のスクリプトをスクラッチパッドへコピー&ペーストする。
    for(let i=0,j=localStorage.length; i<j; i++) {
    var k = localStorage.key(i);
    if (/^GoogleReaderFullFeed_|^GRFFmod_|^grsm_/.test(k)) {
    localStorage.removeItem(k);
    }
    }
  4. スクラッチパッドで実行(Ctrl+Rキー)する。
  5. https://www.google.co.jp/intl/ja/about/ を現在のタブで開く。
  6. スクラッチパッドで実行する。
  7. http://www.google.com/intl/ja/about/ を現在のタブで開く。
  8. スクラッチパッドで実行する。
  9. https://www.google.com/intl/ja/about/ を現在のタブで開く。
  10. スクラッチパッドで実行する。

※ 例えば、あなたが使ってきたGoogleリーダーのURLが「http://www.google.co.jp/reader/view/」(httpsでは開いていないし.comでも開いていない)だけであれば、上記の5~10は行わなくて構いません。

Google Reader Key Customizeのデータを削除

  1. ロケーションバーに「about:config」と入力して開く。
  2. 「細心の注意を払って使用する」ボタンをクリック。
  3. ページ上部の検索欄に「GoogleReaderKeyCustomize」と入力。
  4. その下に出てきた設定を右クリック→「リセット」をクリック。

Google Reader Scroll MakerとGoogle Reader Key Customizeの保存データ量は少ないので消さずに放置していても構わないと思いますが、Google Reader Full Feed ModではLDRFullFeedとAutoPagerizeのデータベースが含まれていて保存データは約1MBとサイズが大きめなので、気になる方は削除しておいたほうがいいでしょう。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Google Reader Full Feed Mod 1.26

- 2013-03-31(Sun) - 

Google Reader Full Feed Modを更新しました。

全文内でアンカー名のみの相対リンクをうまく書き換えていない不具合を修正したりしたのと、Nightly 22でエラーが出ていたのでとりあえず動くようにしました。

Googleリーダーが終了するまであと3か月ですが、新たな不具合が見つからなければ今回の更新が最後になるかも。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top

Nightlyで今すぐGoogle Reader Full Feed Modを動かす方法

- 2012-08-24(Fri) - 

最近ブログを放置していて申し訳ありません。これは!と思う拡張機能があまり見つけられなかったり、Firefoxを使っていてトラブルも全然なかったりで、とくにネタもないまますっかり放置しちゃってます…。

さて、数日前からNightly(現在はFirefox 17相当の開発版)でGoogle Reader Full Feed Modがうまく動かなくなっています。これはFirefoxの仕様変更で、どうやらFirefox 17からchrome(Firefox本体や拡張機能など)側のオブジェクトに__exposedProps__プロパティを追加して読み取りや書き込みの許可フラグをあらかじめ明示しておかないと、その読み取りや書き込みがcontent(GreasemonkeyスクリプトやWebページなど)側からは行えない仕様になるセキュリティ対策のようです。日本語で解説してるサイトが見当たらないので、間違っていたらゴメン。

NightlyでGoogle Reader Full Feed Modを動かすにはGreasemonkeyやScriptishをいじる必要があるようです。Firefox 17がBeta版になるまでにはGreasemonkeyやScriptishの最新版が公開されて対応されると思いますが、「今すぐ動かしたい!」って方のために、GreasemonkeyとScriptishの修正箇所を書いておきます。試してみる方は自己責任でお願いします。

Greasemonkey 1.0beta7 (0.9.22ではフォルダ構成は違うけど書き換えるところは同じ)
「{e4a8a97b-f2ed-450b-b12d-ee082ba24781}.xpi」のcontent/xmlhttprequester.js

Scriptish 0.1.7
「scriptish@erikvold.com.xpi」のmodules/api/GM_xmlhttpRequester.js

Nightlyを終了してから上記のスクリプトをテキストエディタで開き、「GM_xmlhttpRequester.prototype.setupRequestEvent =」で検索してその5行ほど下にある

      var responseState = {
// Can't support responseXML because security won't
// let the browser call properties on it.
responseText: req.responseText,

      var responseState = {
__exposedProps__: {
finalUrl: "r",
readyState: "r",
responseHeaders: "r",
responseText: "r",
status: "r",
statusText: "r"
},
// Can't support responseXML because security won't
// let the browser call properties on it.
responseText: req.responseText,

に変更して保存。2~9行目の部分を追加しただけです。保存後、.xpiの更新をお忘れなく。

"r"は「読み取り許可」のことで、これで問題ないと思いますが、もし書き込みも必要なほかのGreasemonkeyスクリプトがあれば"rw"(読み取り&書き込みを許可)にしてください。responseTextなどは読み取り専用だと思うので"rw"にする必要はないでしょう。

これで少なくとも全文の読み込みは問題なく行えるはず。Google Reader Full Feed Mod以外にも、AutoPagerizeなど、GM_xmlhttpRequestを使っているGreasemonkeyスクリプトも動くようになると思います。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(1) | トラックバック(1) | ▲ top

Googleリーダーのスクロール位置を分かりやすくしたい!

- 2012-02-25(Sat) - 

以前からGoogleリーダーを使っていて「不便だなぁ」と思うところが1つあって、それは一覧表示のアイテムリストをPageUp/PageDownキーでスクロールしたとき、スクロール前にどこまで見ていたか分かりづらいことがあること。

Googleリーダーで全文を取得して見ているようなときやほかのWebサイトでは普通に1ページ分スクロールするので、スクロール直前にどこまで見ていたかは感覚的に分かるわけですが、Googleリーダーのアイテムリストの場合は下端近くまでスクロールしないとそれ以降のアイテムを読み込まないので、1ページ分スクロールしないことがよくあり、毎回スクロール量が異なるためどこまで見ていたか分かりづらいんですよね。

解決策はいくつかあって、例えば上記のスクロール量が安定しないのはGoogle Reader Prefetch Moreを使って先読み量を増やしたり、Google Reader - Colorful List Viewなどを使ってアイテムリストを色付けする方法などがあると思います。

わたしは「スクロールしたときの境目が目印かなにかで分かればいいのになぁ」と思っていたので、それを実現するGreasemonkey/Scriptish用スクリプトを書いてみました。興味がある方は試してみてください。

Google Reader Scroll Marker for Greasemonkey

GoogleリーダーでPageUp/PageDownキーでスクロールしたとき、スクロールした境目に目印として赤い線を表示します。Google Reader Key Customizeを使って別のキーでスクロールするように割り当てている場合、その割り当てたキーでも動作します。(Shift+)Spaceキーでのページスクロールでは目印は表示しません。

ページ右上のオプションアイコン→「Scroll Marker 設定」をクリックすると設定欄が開き、目印を表示する時間(ミリ秒)を設定できます。マイナスの数値だと時間経過では隠さずにずっと表示し続けます。この設定にかかわらず、何らかのキーを押すかどこかをクリックするとすぐに目印を隠します。

それと、標準では赤線が表示されますが、CSSでスタイルを変更できるので、「この赤線は嫌だなぁ」って方は"#grsm_scroll_marker"に対してカスタマイズしてみてください。例としてFirefox向けのをいくつか用意しましたのでよろしければ参考にしてみてください。

Google Reader Scroll Marker Restyle - Themes and Skins for Google - userstyles.org

あとこれはスクリプトがほぼ完成してからの話ですが、同等機能のスクリプトを見つけちゃいました。先にこれを見つけていれば自分でスクリプトは書かずに済んだだろうに…。ただ、そのスクリプトはマウスホイールのスクロールでも機能するなど使い勝手が少し違うので、わたしが作ったものもムダにはならないのかな。このスクロールマーカー機能ってOperaに実装されていたそうですね。昔、少しだけOperaを使っていたことはありますが、その頃はこの機能がなかったようで知りませんでした。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Google Reader Full Feed Mod 1.17

- 2011-11-26(Sat) - 

Google Reader Full Feed ModGoogle Reader Key Customizeを更新しました。
(この記事を書いてる時点ではuserscripts.orgのサーバーが重いので、うまく更新できない場合はあとで試してみてください。)

11/21ごろGoogleリーダーに2個目の新しい設定ボタンが出現しましたが、そのボタンをクリックしたときに表示されるメニューにもスクリプトの設定欄を開く項目を追加しました。わたしが作ったスタイルを利用している方は既存の設定ボタンが隠れてしまいマウス操作で設定欄を開けなくなっていたのですが、これでマウスだけでも設定欄を開くことができますね。

Google Reader Full Feed Modでの主な更新内容として、設定欄→General→「全文を読み込まないアイテム」設定でアイテムURLとフィード名も指定できるようにしました。もともとこの設定は、通常の記事とは異なるフォーマットのページ(例えば特集ページとか)は別途サイト情報が用意されていないことが多い(というか特集ページごとにフォーマットが異なることもあるのでサイト情報を用意できない)ため、そういったアイテムは全文を読み込まずに新しいタブで開くことを想定した設定でした。

今回の仕様変更により、特定サイトのアイテムすべて全文を読み込まないようにしたい場合に、URLもしくはフィード名を指定することで実現できると思います。ただ、文字化けなど全文がうまく表示できないということであれば、それは正しいサイト情報を用いることで解決できるはずなので、該当するサイト情報を作成するなり修正するなりしていただくのが望ましいと思います。

また、設定欄→Auto Loadにブラックリストを設定できるようにしました。特定のサイトを除いたすべてのアイテムで全文を表示したい場合、このブラックリスト設定を使ってみてください。

このブラックリストの追加に伴い、1.16以前でAuto Load設定を「ホワイトリスト」や「なし」にしていた方が1.17以降に更新すると、この設定が「ブラックリスト以外」や「ホワイトリストのみ」へ勝手に切り替わってしまいます。申し訳ありませんがCtrl+Zキー(設定でZ以外に割り当てている方はCtrl+そのキー)を押して元の設定に戻すようよろしくお願いします。

それと、Google Reader Full Feed Modの設定欄の簡易説明ページを設けました。設定欄のタイトルをクリックしても開きますので、何か分からないところがあれば目を通していただければと思います。

あとこれはどうでもいいことですが、アイテム名の右隣に表示していたアイコンの文字を「G」から「F」に変更しました。今まで特に気にしていなかったのですが、「FullのFのほうが分かりやすいよね」というだけです。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(25) | トラックバック(0) | ▲ top

Google Reader Full Feed Mod 1.16

- 2011-11-05(Sat) - 

Google Reader Full Feed Mod 1.16を公開しました。

今月から新しいデザインにリニューアルしたGoogleリーダーへの対応だけで、機能の追加などはありません。上部にポップアップするメッセージは通常時はオレンジ色、読み込み中などは水色、エラーなどは赤色で表示されます。

新デザインになったGoogleリーダーも少しずつ不具合が直ったり細かい部分が変わっていたりするので、今後も対処する必要があるかもしれません。現状でも何か問題点があればコメントくださいね。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(9) | トラックバック(0) | ▲ top

Google Reader Full Feed Mod 1.15

- 2011-08-21(Sun) - 

Google Reader Full Feed Modを更新しました。

最近は「Replace Full Feed URL」設定の関連について変更しているのでそれを利用していない方にとっては不要かもしれませんが、Google Reader Full Feed Mod 1.11以前ではFirefox 6で動作しませんので、古いバージョンを使われている方は更新するようお願いします。

あと直接関係ないのですが、Scriptishが0.1.4に更新されました。0.1.3まではアドオンマネージャの「ユーザースクリプト」欄を開かないとスクリプトの更新を確認できなかったようですが、0.1.4では「更新可能」欄に拡張機能やテーマと同じようにGreasemonkeyスクリプトも一覧表示されるようになりました。Google Reader Full Feed Modのように自動更新に対応したGreasemonkeyスクリプトを利用している方はScriptish 0.1.4にすると便利かも。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(3) | トラックバック(0) | ▲ top

Google Reader Full Feed Mod 1.12

- 2011-07-23(Sat) - 

Google Reader Full Feed Modを更新しました。

変更点は少しだけですが、元の長いURLに展開できない短縮URLがいくつかあるようなのでUnshorten.It!のAPIも使用するようにしました。このサービスでは展開したURLを取得するまでの時間が多少かかるようなので、全文を表示するまでの待ち時間が少し気になるかもしれません。特定のサイトだけで用いられている独自ドメインな短縮URLも展開できるサービスで、APIを提供しているよさそうなところはほかにあるのかな。

また、Firefox 7.0a2や8.0a1でエラーがでていたので、一応動くようにしておきました。Betaでは動作確認していますがAurora以降では普段は動作確認していないので、仕様がよく変わるであろうNightlyは別として、Auroraで動作しなくなった場合は教えていただけると助かります。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top

Google Reader Full Feed Mod 1.10

- 2011-05-29(Sun) - 

Google Reader Full Feed Modを1.10に更新しました。

Full Feed Mod設定のEtcタブに「Replace Full Feed URL」欄を追加しました。ここに置き換え前の値と置き換え後の値を指定することで、全文表示の取得先URLを書き換えられます。設定する必要がない場合は何も記入せず空白のままにしておいてください。

この欄には下記の例のように、JavaScriptのString.replaceの第1引数regexpと第2引数newSubStrの両方をセットにして、それぞれの値を半角スペース区切りで指定します。

^https?://twitter.com/ Link ^http://ascii\.jp/elem/(.+)/summary.html http://ascii.jp/elem/$1/

配布ページの更新履歴にも書きましたが、第2引数のほうに「Link」と指定することで、全文取得前のアイテム内に記載されているURLに置き換えられます。最新ニュースやサイトの最新ページなどを紹介するTwitterのフィードをGoogleリーダーで登録している場合、その紹介しているページを(wedataに登録されているサイトであれば)全文表示できるはず。ツイートで複数のURLを紹介している場合は最初のURLのほうだけを全文表示します。

また、コメント欄で書いたようにTwitterのフィードは直接全文表示できませんが、更新履歴の例1のように指定することで、モバイル版のツイートを全文表示できます。ただし、その場合はFull Feed Mod設定のSITE INFO→FF SiteInfo欄に下記のサイト情報を追加してください。

  {
"url":"https?://mobile.twitter.com/",
"xpath":"id('tweets-list')/div[1]",
"type":"IND",
"enc":"utf-8"
}

それと、userscripts.orgのSSLサーバーが再稼働していますので、Scriptishを利用している方はアドオンマネージャから当スクリプトをバージョンアップできます。アドオンマネージャのGoogle Reader Full Feed Modをダブルクリックして自動更新欄が「オフ」の場合は自動で更新されませんが、アドオンマネージャの「ユーザースクリプト」を開いている状態で「今すぐ更新を確認」を行うと、Google Reader Full Feed Modのところに「今すぐ更新」ボタンが表示され、そのボタンをクリックするとバージョンアップできます。

この記事のURL | Greasemonkey | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
 
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。